株式会社リースエンタープライズ 大阪南森町発、最強のホームページ制作集団

ECサイトの作成(デザイン)時に知らないと損すること

ECサイトの作成(デザイン)時に知らないと損すること

どうも、こんにちは!チーフデザイナーの塩谷朋広です。
僕の周りでは、自分でプロダクトやアクセサリー、インテリア家具を作成する方が多く、※ECサイトの作成を望む声をよく聞きます。

ECサイトとは、自社の商品(広義では他社の商品)やサービスを、インターネット上に置いた独自運営のウェブサイトで販売するサイトのことである。 ECとは”electronic commerce”(エレクトロニックコマース=電子商取引)の略。
参照元:wikiperia
ECサイトの作成(デザイン)時に知らないと損すること その2

ECサイト、いわゆる通販サイトといえば、日本では楽天やAmazonが有名どころですが、楽天の場合は出店料や売上の数パーセントを楽天に支払う必要があるなど、運営者にとっては辛い面も多く、Amazonにいたってはお店のページをAmazon内で作成することが出来ないので、商品だけで勝負する必要があり、なかなか新規参入者には難しい現実があります。

最近では、フリマサイトやアプリ(フリル・メルカリなど)が台等してきていますが、こちらも売上の数パーセントをサイトに支払う必要があり、また独自性・ブランディングという面ではとても弱いものになってしまいます。

そこで、今回は上記のような問題に直面し、これからオリジナルのECサイトを作成しようと考えている方に向けて、失敗しないための絶対やってはいけないことをご紹介いたします。

この記事では、ECサイトをデザインする人にとっても読んで納得して頂ける内容にしたいと思いますので、是非デザイナーの人もお読みください。

売れるサイトを作れ!ECサイト作成時の注意点

ECサイト作成(デザイン)時の料金で失敗しない為に

まずは、ECサイトを作成する際の料金のご紹介から。
ECサイト作成時の初期費用は完全に投資です。当然誰もが初期費用は商品を販売した売上で回収しようと考えますから、出来るだけ安いほうが嬉しいですよね。

但し、「自分がどのようなECサイトを作りたいか」が明確では無い場合、料金で失敗してしまいます。

オリジナルのECサイト作成方法は、3つの選択肢があります。

  • EC-CUBEを利用した本格的なECサイト作成
  • wordpressを利用した中規模ECサイト作成
  • BASE、STORESを利用した小規模ECサイト作成

金額的にはEC-CUBE > wordpress > BASEやSTORES という具合で、「機能面」「独自性」が高い程、料金も上がるという認識で問題ないと思います。
予算、将来の展望、事業規模など選ぶポイントは人それぞれだと思いますが、「自分がどのようなECサイトを持ちたいのか」がハッキリしていないと、この3つの選択で大きなミスを犯してしまいます。

ECサイト作成(デザイン)時の料金で失敗しない為に - ECCUBE

EC-CUBEでのECサイト作成料金相場は、大体200万円前後。
デザイン費用、システム開発費用、初期設定費用などが全て含まれてはいますが、なかなか通販サイト運営初心者には手が出ない金額かもしれません。

しかし、EC-CUBEで出来ないことは無いと言っても大丈夫な程、ECサイトにおける全ての機能を作成することが可能です。
デザイン・機能面すべてにおいて独自性を表現できるメリットは、他に類がありません。

デザイナーの方にとっても、EC-CUBEはphp言語を使ったシステム開発が必須、なかなかwebデザイナーとしてデザインだけを行ってきた人には手が出ない専門的なソフトと言えます。
そういった側面が、作成料金を上げる要因のひとつになっているのかもしれませんね。

ECサイト作成(デザイン)時の料金で失敗しない為に - wordpress welcart

WordPressでのECサイト作成料金相場は、大体80万円前後。
EC-CUBEに比べてSEOに適した構造になっているため、集客面ではEC-CUBEよりも強いと言えます。ただ、商品点数としては1万点がMAX!限界と言われいます。

デザイン面では自由度が高く、独自性を出したかっこいいデザインや使いやすいデザインを追求できますが、運営者にとって大事になってくる管理画面等はあまり便利ではありません。

独自で欲しいと思う機能は、別途システム開発となる場合がほとんどで、総額100万円を超えてしまうこともあります。

まだ誰も顧客がいない状態で、GoogleやYahoo!の自然検索から流入させて商品を購入させたいと考えている方は、Wordpressがおすすめです。

デザイナーにとっても、wordpressは馴染み深く、welcartというプラグインを導入するだけでwordpressにカート機能を追加することが出来るのでおすすめです。

ECサイト作成(デザイン)時の料金で失敗しない為に - BASE、STORES

BASEやSTORESとは、ECサイトを手軽に作成できるサービスで、今とても人気があります。何よりもメリットは「無料」で作成できること。

デザイナーやシステム会社に制作を依頼する必要もありません。自分だけでショップを立ち上げて、商品を販売できる「CtoC※」と言われるビジネスで火がつきました。

インターネットを通じて契約や決済などを行う電子商取引の一つで、一般消費者同士が物品などの売買を行うこと。Consumer to Consumer(コンシューマーツーコンシューマー)の略語で、C2Cとも表記する。
参照元:コトバンク

「趣味で作っているアクセサリーやプロダクトをお客様に買ってもらいたい」と小規模なECサイトを持ってお小遣いを稼ぎたいと考えていた人にはピッタリのサービスです。

無料で掲載できる商品数が極端に少ないので、結局月々980円程度の有料プランを使わざるを得なくなりますが、それでも安い!

ただし、ここにECサイト作成時の絶対やってはいけないことが。

将来的には大きな通販サイトに成長させたいと考えている方は、目先の「無料」「月980円」という甘い蜜に飛びついてはいけません。

BASEやSTORESは現時点では人気があり、サービス自体が集客を行ってくれる為商品も売れやすくなっていますが、サービスが下火になった途端、ユーザーはBASEやSTORESから離れていってしまいます。

すると、売上アップができなくなり絶対に大きな通販サイトには出来ないのです。
サービスに依存したホームページの独自集客はかなり難しく、広告費用やSEO対策費用に莫大な費用が必要になってしまいます。

また、サービスに依存することは、サービスが無くなったときに自分の手元に何も残らない、全くゼロに戻ることを意味していますので、実は「無料」という甘い蜜の裏側で、リスクの高い話が待っています。

自分の趣味の作品を売りたいと考えている人も、お小遣い稼ぎだけでいいと割り切っている人以外は、必ず「もっと売りたい」という欲望が生まれます。そんな時に対応できない、対応できるEC-CUBEやwordpressに作り変える、そういった後手の選択をせざるを得なくなり、結果的に金銭的にも実績的にもとても損をしてしまうのです。

だから、少しでも「売れるECサイトを作成したい」と考えている人は、EC-CUBEまたはWordpressを利用したECサイトの作成を選択するべきです。

もし、この2つの初期費用が高くて払えない、回収の目処が立たないという方は、もう一度計画を見直すことをおすすめします。


ここで宣伝ですが、弊社株式会社リースエンタープライズでは、EC-CUBEを使ったECサイト作成(デザイン含む)は相場200万円のところを80万で、wordpresを使ったECサイト作成(デザイン含む)は相場80万円のところを40万で請け負っております。

安く出来るのは、ECサイト制作実績が多く、作業分担が進んでいるから。
これなら回収を考えられると思った方は、06-6940-0662までご相談ください。

ECサイトのデザインで失敗しない為に

続いて、ECサイトデザインで失敗しないためのデザインのコツをご紹介します。

夢のオリジナルECサイトですから、とことんこだわってデザインしたいというのもうなずけますが、あまりゴテゴテとデザインしすぎると失敗のもとなんです。

ECサイトの作成において、デザインが担う役割は「売れるデザイン」「使いやすい」「わかりやすい」「買いやすい」という機能面です。

あまりにも個性や前提的なデザインを全面に押し出しすぎると、商品に目が行きづらくなったり、購入手順がわかりにくく、ユーザーが離脱してしまいがち。

では、どのようなECサイトが売れるデザインなのか。
ECサイトデザインの参考にできる秀逸なデザインサイトをまとめました。

日本人のユーザービリティを考慮したECサイトの基本レイアウトはそのままに、シンプルかつ子供服らしい可愛らしさが伝わってくるデザインです。

毎日バナーがコロコロ変わるのも運営者としては理想!商品やバナーがグッと目に引くECサイトに大事な「売れるデザイン」が実践されている良い参考例です。

商品にすぐ目が行くのですが、graffeの独自性、コンセプトがデザインからしっかり伝わってくる素晴らしいECサイトデザインです。

ECサイトデザインでもトレンドになりつつある1カラムレイアウトも見やすくて、アパレル系らしいおしゃれなデザインに仕上がっています。

こちらは、海外のECサイトデザインですが、ECサイトを作成する前に、ブログで腕時計のレビューを書き世界200カ国から読まれる人気サイトを構築しました。

まず集客に成功させてからECサイト作成に入るその戦略はとても参考になると思います。
デザインもファッション性のあるグッドデザインです。

食器のECサイトですが、食器の美しさが引き立つシンプルデザインも然ることながら、ノリタケ食器を使ったお料理レシピの公開やライフスタイルの提案など、ECサイトの枠を超えた様々な企画に共感を覚えます。

ECサイトデザインとしては限界ギリギリまで前衛的にデザインした、食品ECサイトデザインの最高峰!ちょっとわかりづらいという声も聞こえてきそうな、まだまだ日本人には馴染みのないデザインですが、僕はおしゃれでかっこいいと思います。

今回ECサイトデザインの参考例として紹介した通販サイトは全てスマホデザインでも優れています!最近では、7~8割のユーザーがスマホからというのも珍しくありません。

スマホからの使いやすさ、わかりやすさ、買いやすさもECサイトデザインにおいて、かなり重要視することが大事です。

ECサイトデザインでは、このように商品を主役にしたデザインを心がけなければなりません。デザインを懲りすぎて商品が売れないなんてことにならないよう注意しましょう。

商品を主役にしながらいかに、商品のキャラクター・個性をデザインに反映させるかがECサイトのトップページデザインのポイントといえます。

これからオリジナルECサイトの作成を依頼される方は、あなたの商品が女性向けなのか、和風なのか、アパレル系なのか、食品系なのか、どんな面白い点があるのか、どんな特徴があるのか、商品をじっくりと観察し、最適なデザインに落としこむことがECサイトデザインを成功させる秘訣となります。

また、商品一覧ページや商品ページのECサイトデザインもとても大事です。
トップページでは出来るだけインパクトを、商品一覧ページや商品ページでは出来るだけ商品購入に繋がるように商品説明や商品写真がユーザーに見やすいように配置しデザインされるべきです。

トップページだけ頑張ってデザインして、商品一覧ページや商品ページで手抜きに見えないように注意しましょう。
もし、そのように見えた場合は、デザイナーにしっかり要望しましょう。

デザイナーの方は、これらのことを大事にし、自分よがりにならないECサイトデザインを作成しましょう。

情報収集も大事!企画で失敗しない為に

最後に、ECサイト作成時の企画で失敗しない為の情報収集についてご紹介します。

絶対おすすめしたいサイトが、尼口友厚さんのネットコンシェルジュさん。

海外のECサイト成功事例を詳しく紹介しており、本当に為になります。自分のECサイト企画の幅広げ、参考情報収集に是非ご活用ください。
僕も良く読む大好きなサイトさんです。

あとは、日本で唯一の通販業界特化新聞、「通販新聞」もおすすめです。
通販におけるあらゆる情報が手に入るので、興味のある方は是非。


以上で、ECサイト作成(デザイン)時に知らないと損することをご紹介しました。
いや~、今回も長い文章でした。ここまで読んでくださった方ありがとうございます。読んでいただいた方のためになる情報であれば嬉しいです。

弊社にECサイト作成をお願いしたいと思った方は、06-6940-0662またはお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

記事が面白かったという方は下のシェアボタンやメール等々からフィードバックお願い致します。

新着記事と笑いは鮮度が命や!

「ECサイトの作成(デザイン)時に知らないと損すること」記事が気に入った方はいいねしよう!!