株式会社リースエンタープライズ 大阪南森町発、最強のホームページ制作集団

銀牙伝説を読もう!VS強熊マダラ!哀しみの雷花剣!決戦、赤カブト編!【銀牙part14】

銀牙伝説を読もう!VS強熊マダラ!哀しみの雷花剣!決戦、赤カブト編!【銀牙part14】

“犬” と書いて “漢” と読める個性溢れる銀牙シリーズの読み方をご紹介!

こんにちは、Webメディア事業部のShinnojiです。今日の記事も前回の記事の続きですよ!「銀牙 ~The Last Wars~」!

今これを執筆している現在、突如現れた「なんとなくあのキャラの面影がある新キャラ」がふわふわしながらなんとク○スにぶちのめされ、二子峠にてモンスーンの暴威が振われ、あのキャラ、このキャラが死地を顧みず壮絶な闘いを繰り広げる様、とても見てはいられません。私です。

この通称「銀牙伝説連載」は、犬漫画の巨匠、高橋よしひろ先生による「銀牙 ~THE LAST WARS~」をより楽しんでもらう為の「銀牙伝説シリーズの正しい読み方」を解説しています。 「読みたかったけど長すぎて歴史が分からない」そんな方は是非、銀牙伝説が今に至る、神話と呼ぶべき奥羽の戦士たちの物語をPart1からチェックしてみて下さいね。

というわけで、前回、遂に「決戦! 赤カブト」に突入したワケですが、この裏側で紡がれるベンクロスリキの愛のドラマ、そして司令官スナイパーのコバンザメ、ハイエナの葛藤のドラマについて語らせていただきました。

今回は話を表に戻し、またまた赤目白狼“決死隊” となり、第一砦の強熊、マダラとの決戦に視点を戻してご説明していきましょう! ここでは以前の記事で覚えておいた方が良いと言った、赤目の部下である伊賀忍犬、霧風と陣内の熱いドラマがありますので、忘れた~! という人は是非読み返してから見ることをおすすめしますw それでは行ってみましょう!

宮城からの列強の逃亡熊・マダラとの決戦!

マダラ登場

“決死隊” の活躍もありどんどん熊をなぎ倒して行く奥羽軍、ここでようやく登場するのが赤カブト側の第一砦の小隊長マダラです。白狼が飛びかかるも九死に一生を得たことは前回お話しましたね。

マダラ戦開始

ここでも奥羽軍はどんどんマダラに攻撃していくのですが、やはり一時は赤カブトにすら向かっていったマダラ、その強さは並みのレベルではなく、次々と奥羽軍は倒れていきます。

もしあなたが、赤カブトとの最終決戦を読んでいない場合、ここでのマダラの迫力は赤カブトに次ぐものがあるでしょう、そして次々と成すすべなく倒れていく奥羽の戦士たち。

ここでマダラがいかに強いか、の描写まであります。

・なんという強さだ! 破壊力は赤カブトに勝るとも劣らない!

“決死隊” 援護を!」と言いながら続々と爪牙の餌食となり、マダラに押される奥羽軍。このままではいけない! と、ここで赤目白狼とともに突撃を試みるですが、赤目が「霧風が飛び込んでからだ!」と制します。

そう、マダラの気づかぬ木の上で、赤目の部下であり数少ない伊賀忍犬の生き残り、霧風と陣内が伊賀忍法 “雷花剣” を放とうとしているのです。

ここでおそらく「銀牙伝説シリーズ」の中でおそらく一番有名な忍犬の技「雷花剣」について少し触れると、木の上に上り、遥か上空から地上にいる敵に一気に飛びかかる忍犬特有の技です。一撃で相手を倒す技ではありませんが、陽動や攪乱に使われることが多いです。

赤目白狼に声掛けます。“決死隊”による正面からの攻撃を予測されている今、マダラに通用する戦法はこれしかありません。

「オレの部下、霧風と陣内が上をつく! 一瞬ヤツは白い喉を見せるはず……! その時オレたちは奴のノド笛をかき切るのだ!」

そして言うが同時「ここだマダラ―!」と霧風と陣内が「雷花剣」を繰り出します。しかし、やはり強熊マダラ、この奇襲にも気づいているのです。

陣内やられる

なんと一瞬で上を向き、陣内に頭から噛み付き、振り回しながら絶命させ「雷花剣」まであっさり封じ込まれます。ここで収まりがつかないのが同じ伊賀忍犬・霧風です。

マダラの前に倒れる伊賀忍犬……託された赤目と銀

ここでたちもマダラの強さを改めて思い知らされます。

「なんてヤツだ……、一部の隙も見せない。雷花剣もあっさり封じられた……」
「コイツはオレたちを全く恐れていない」
「”犬の牙”の限界を知っているんだ」
霧風あぼーん

ここで “決死隊” ですら躊躇する中、血まみれでマダラに咥えられている、親友も同然の陣内を助けようと、霧風が赤目の制止も振り切り単騎でマダラに特攻していきます。もちろんその眼には大粒の涙。

並の熊ならまだしも、相手はマダラです。特攻虚しく霧風もマダラの爪牙にやられ、致命傷を負ってしまいます。血だるまになり倒れ込む霧風に駆け寄る赤目。ここはさすがの赤目も平静ではいられません。

霧風赤目に対して、マダラを倒し、仇を取ってほしいと懇願。

「総帥……頼みます……仇を取って…ぐう……」
「霧風死ぬなよ死んではならぬ……よく見ておけ、この赤目、命にかえてもお主らの仇は取ってやるぞ」

ここでは赤目も大粒の涙を流しながら、霧風の言葉に耳を傾けます。赤目が涙するシーンは「銀牙伝説シリーズ」を通していくつかありますが、個人的には、ここで涙を流す赤目が僕は一番好きです。そして霧風の言葉を聞きながら、

決死隊メンバー
「誰かが……誰かが犠牲にならねば」と赤目「コイツは倒せない」と白狼……「その犠牲はオレたち “決死隊” よ! 元より覚悟はできている!」と

霧風の言葉に呼応し、三位一体でマダラに突撃していきます。モス「全員が決死隊となれ!」と怒号をあげ、奥羽軍の士気を上げます。

霧風「鎌があれば……」

捨て身の “決死隊” は元よりモスも控えている第二部隊、第三部隊にまで召集をかけます。さすがにマダラと言えど、三匹を一度に倒すことはできません。白狼も全力ですが「お前の爪ではオレは捉えられない!」マダラの攻撃を避け、近くの木からまた飛びかかる赤目は半端じゃありません。

しかしその “決死隊” 三位一体の攻撃で、一時は下からモスたちが抑えにかかるのですが、それさえも振り切る為に自分から大木に激突しながら戦うマダラ。何という破壊力だと驚く赤目「ダメだ、コイツを倒す術がない!」と葛藤する

「鎌があれば……あんなヤツ一太刀なのに」
「総帥…いま…からでも遅くはありません、民家なら鎌が……必ず手に入ります」
黒邪鬼のように鎌があればマダラは倒せる

モスたちがマダラを包囲しにいく中、瀕死の霧風がこんなことを言います。そうです「銀牙」で「鎌」と言えば? 何を隠そう、赤目のライバル、甲賀忍犬総帥・黒邪鬼の武器でした。

しかし民家まで行っている暇ありません、ここで着想を得たはすぐにモスを呼びます。モスは全部隊を投入してマダラを包囲してはいるものの、たち “決死隊” が来なければ話にならないと焦っています。

ここで先ほどマダラが折った大木の枝の一部をモス「折ってくれ」と頼む赤目白狼が見守る中、何のこっちゃかわからんが力仕事なら任せろとモスは一気に大きな木をへし折ります。

霧風_陣内の最期用_01

そうです、銀はその自然で出来た木の槍を口に咥え、武器とするのです。

銀色の雷花剣!

マダラをかろうじて包囲している犬たち、ですがやはり “決死隊” が来なければ話にならない状況です、ここで「どけどけどけー! 道を開けろテメェら!」と言いながら突っ切ってくるのは白狼。そして後ろから霧風を担いだモスが戻ってきます。

他の犬たちは「他の “決死隊” は、赤目はどうした!?」と白狼モスに詰め寄りますが、モス「つべこべぬかすな……霧風、よく見ておけ……マダラの最期をな」とかろうじて息をしている霧風をそっと地面に寝かせます。

霧風_陣内の最期用_02

そこで「ここだマダラー!」と今度は木の上に赤目と銀の姿が! 「雷花剣は通用しないぞ?」という他の犬に対してここは伊賀忍犬総帥・赤目が意地をかけ先陣を斬り、跳びます。

もちろん「雷花剣」を理解しているマダラは、霧風陣内の時と同じように対処しようとします。仲間も「あれじゃ霧風と陣内の二の舞になるぞ!」と言うのですがここで赤目がぽっかりと大口をあけさせ、マダラの視界を遮りながら「このオレはおとりよ!」と言いながらそのまま口元を避け着地します。

・そして、そのあいたままのマダラの大口に、銀が咥えている大木の槍を突き刺し、マダラの急所を貫くのです


断末魔の様な咆哮とともに、おびただしい程の血しぶきをあげるマダラ。ようやく奥羽軍の勝利……かと思いきや、口元から喉を貫かれながらも、マダラはまだ、抵抗してくるのです。それも狙いはひとつ、自分の喉を貫いたです。口に槍が刺さったままにも関わらず、一気に跳躍し飛びかかってきます。

マダラの抵抗

「何! コイツは不死身か!?」と言うのも無理ありません、普通なら死んでないと200%おかしいのですが、マダラは銀に焦点を絞り、攻撃してきます。ここでも忍犬よろしく木の上まで跳躍するマダラもその木にしがみつき登って行きます……が、ここでようやくマダラの動きがピタリと止まります。

木から再び地上へ飛び降りる、そこで赤目が、

ものすごいマダラ
「ヤツの体内には一滴の血も残ってはいまい、それどころか心臓さえ、脈打ってはいないだろう。なのにあそこまで自分の体を押し上げた……何と言う恐ろしい闘争本能だ!!」

ここでようやく、木から手が離れたマダラは地面に転落し絶命率いる奥羽軍、第一の砦を突破です。しかし喜ぶのはまだ早い! 他の三つの砦はどうなったのか!? 「シッ! 聞こえるぞ!」白狼。耳を澄ませると、甲斐ジョン四天王の勝鬨が聞こえ、奥羽軍、無事すべての砦を陥落させ、赤カブトまであと一歩です!

伊賀忍犬・霧風、陣内 涙の最期

ここで「聞こえるか霧風……、霧!? 霧風―ッ!」と普段の冷静さをひっくり返したように叫ぶ赤目「しっかりしろ霧風! お前の仇は取った! 見たか!? 見ていたか!?」霧風の傍に駆け寄ります。そんな中、霧風の言葉、

「ありがとう銀……あ、ありがとう総帥……さ……先に逝くことをお許し下され」
「何をバカなことを言う!」「なんのこれしきの傷、しっかりせい!」
「陣内が……オ、オレを呼んでいる……いかせて下さい、あいつひとりじゃさみしがっていま……す」

ここで伊賀忍犬・霧風絶命。ここでの赤目はもちろん、モス白狼の表情、溢れる涙。作中でも以下のように語られています。

・嵐の夜、壮絶な一戦の中で、陣内と霧風はその一生を閉じた……。忍犬に生まれたが為、戦で育ち、戦で散って行った霧風だったが、なぜか眠りについたその顔はおだやかであった──

「お前の死は決して無駄にはしない」と赤目。そしてここからはすべての砦を陥落させた為、一度すべての部隊を集結させます。号令を飛ばすのは白狼です。そしてジョンウィルソン甲斐三兄弟陸奥の四天王、その他諸々の “決死隊” を含む他グループと合流し、「どうした!?」と言われ「知るか! 銀の命令だ!」と次々に駆けつける皆に向かって言い放ちます。

の傍には後の大参謀、伊賀忍犬総帥・赤目。ここで既に父・奥羽の総大将・リキを彷彿とさせる銀

「これから全軍、オレの指示に従ってもらうぞ! みんな、なにも言わず、オレについてきてくれ!」

ここで既に将器ができはじめているリキ・ベン不在の中、全軍をまとめ上げます。ここで口火を切るのはなんと真の強者、海坊主こと、紅桜です。

紅桜_登場_01
「良いだろう銀、オレはお前についていくぞ」

ここから続々と賛同の声があがってゆきます。赤カブトの「牙城」目指して銀率いる奥羽軍、進軍再開です。次回はこの時に裏側の崖っぷちへ回った総大将、リキがどうなっているのかをお話できればと思います!

それではまた次回! 奥羽山脈の二子峠で、犬と熊の、命を懸けた漢たちの戦いを語っていきたいと思います!

日本一危険な恋愛メディア運営の傍ら、Shinnojiという男自身が “日本一銀牙な男” を目指して、やらせていただきますので、よろしければ応援よろしくお願いいたします!

僕と銀牙トークがしたい方は「@shinnoji365」でフォローして「Shinnoji! 銀牙読んだよ!」と言ってくれれば、寝てなければ反応すると思います! 多分! Twitter上ではガンガン「銀牙 ~The Last Wars~」から話に入っていただいても構いませんw

次回も楽しみにしていただければ嬉しいです!

新着記事と笑いは鮮度が命や!

「銀牙伝説を読もう!VS強熊マダラ!哀しみの雷花剣!決戦、赤カブト編!【銀牙part14】」記事が気に入った方はいいねしよう!!