株式会社リースエンタープライズ 大阪南森町発、最強のホームページ制作集団

機能美!シンプルなミニマルデザインのホームページが持つ魅力と効果

機能美!シンプルなミニマルデザインのホームページが持つ魅力と効果

シンプルなミニマルデザインの魅力と効果

こんにちは、チーフデザイナー兼ミニマルデザイン界の無名こと塩谷です。

今回は僕が最も得意と思っているデザインスタイル「ミニマルデザイン」について、その魅力とデザイン効果についてご紹介したいと思います。

ミニマルとはどういう意味?

そもそも「ミニマル」という言葉をご存知でしょうか?

ミニマルとは、美術・建築・音楽などの分野で、形態や色彩を最小限度まで突き詰めようとした一連の態度。最小限主義、ミニマリズムともいう。最小限(minimal)主義(ism)から誕生し、必要最小限を目指す手法である。装飾的な要素を最小限に切り詰め、シンプルなフォルムを特徴としている。
参照元:wikipedia

簡単に説明すると、ミニマルとは極限までシンプルに、過度な装飾を無くして「機能」が全面的に美しく表現されたデザインのことです。

誰もが知る代表的なミニマルデザインはApple製品でしょうか。

例えばiPhoneは、Androidのどの機種とも一線を画すミニマリズムデザインでとても美しいです。

無印良品なんかも日本が誇るミニマルデザインだと思います。

どれにも共通しているのは、パッと見た印象は「シンプル」であること。

しかしただシンプルなだけでなく、機能美が追求されているのです。

ミニマルなデザインは非常にコンセプチュアルでよく考えられているので、デザインが深いのも特徴です。

ただ「可愛い」、ただ「オシャレに見える」、ただ「かっこいい」という理由でデザインしません。

一体何が求められ、そこには何が一番重要かを見極め、極限までそれを突き詰めて無駄を排除する、そういった姿勢がミニマリズムの面白さです。

ミニマリズムはWeb制作業界にも進出している

建築や美術が中心となって生み出された理論ですが、Web制作業界にも当然その流れが生まれています。

過度に装飾したデザインではなく、機能(ユーザビリティ)に重点を置き、コンテンツが最も見やすい形を追求したデザインは、正にホームページ版ミニマリズム。

具体的に見てもらった方が分かりやすいと思うので、参考例をご紹介いたします。

スタイリッシュなミニマルデザインホームページの参考例

ミニマルデザインとはどういうデザインを言うのか、実際にミニマルデザインを使ったホームページを一覧でご覧ください。

無料写真を配布しているサイトですが、とてもシンプルかつ写真検索に特化した機能的なデザインが美しいです。

大阪堀江にオフィスを構えるスタイリング事務所SPSO OSAKAのホームページは、シンプルなレイアウト構成と必要最小限の写真で、魅力を最大限表現しています。

文字の線のみで構成されているにも関わらず、アニメーションを効果的に取り入れることで伝えたい内容が見える。ミニマルデザインの真骨頂です。

無駄な装飾を無くし、見せたいコンテンツがハッキリと浮き出た綺麗なミニマルデザインです。間の取り方やアニメーションの取り入れ方が上手!

ミニマル中のさらにミニマルなホームページデザイン。事務所がインターネットに求めるもの=求人であり、それ以外の情報は一切記載せず、その応募フォームにのみデザインを投影するミニマリズムの鏡。

前述の石上純也建築設計事務所といい、±0といい作品自体がミニマルなデザインを得意とする会社は、ホームページも当然ミニマルです。レイアウトのみでデザインと向き合ったホームページ。

シンプル is ベスト。かっこいいですね。日本人には少し馴染みのないレイアウト構成ながら、無駄な装飾がないので、コンテンツがどこにあるのかが分かりやすいのも特徴です。

ミニマルデザインのホームページの魅力

前述でミニマルデザインを採用したホームページの参考例をご紹介させて頂きましたが、どれにも共通して言える魅力は「洗練されたデザイン」であることだと思います。

装飾を省くということは、それだけシンプルにならざるを得ません。

シンプルにすればするほど、誤魔化すことが出来なくなるため、「間」や「空間」の取り方、いわゆるレイアウトがとても大事になってきます。

そのため、デザインが洗練されてスタイリッシュに見えるというわけです。

レイアウトに気を使うことで、見せたいものに焦点が行きやすく装飾にぼかされてることがないため、コンテンツが見やすくなるというのも利点のひとつです。

ミニマルデザインの注意点

ミニマルデザインは、オシャレで洗練されていて、とてもスタイリッシュです。

しかし、その分デザインスキルが必要で下手をすると、とても使い勝手の悪いホームページになってしまいます。

ミニマルデザインをする際の注意点として、徹底した無駄の排除の反面で、ユーザービリティが損なわれていないかをチェックしましょう。

  • 見出しがわかりづらい
  • ボタンがわかりづらい
  • メニューがわかりづらい
  • 導線がわかりづらい
  • リンクがわかりづらい
  • 自分が今どのページにいるかがわかりづらい

この辺りは、ミニマルデザインで良く起こりがちな注意点です。

洗練したデザインを意識しすぎて、ユーザーを置いてきぼりにしないように注意しましょう。

ミニマルデザインのホームページが持つ効果

ユーザーの印象が良い

ミニマルデザインのホームページは、ユーザーに「洗練された企業、洗練されたサービス」であることを強く印象付けることが出来ます。

最近ではホームページが様々な玄関口になっているので、ホームページは企業やサービスの「顔」と言えます。

その顔が抜群にオシャレなら、当然ユーザーの印象は良い!

但し、前述の通りユーザービリティが損なわれていないことが前提です。

ユーザービリティが悪いと、どれだけオシャレでもユーザーの印象は悪くなってしまいますからね。

コンテンツを見てもらいやすい

無駄な装飾がないので、コンテンツにより強い印象を持たせることが出来ます。

例えば、デザイン事務所であれば、制作実績をユーザーに見てもらって次のお仕事の依頼に繋げたいので、UIはあくまでシンプルにミニマルにデザインしておきます。

そうすることで、ユーザーが「制作実績」に目が行き、見せたいコンテンツに誘導させやすくなるという効果もあります。

ホームページの焦点がハッキリするのがミニマルデザインの利点ですね。

コードが美しい

ミニマルなデザインは、それだけシンプルに構成されているので、画像類のファイルが極限まで少なく、またレイアウトもシンプルでコードが美しいというのも利点です。

これはどういった効果になるかと言うと、美しいコード(html)で書かれることで内部SEO施策がしやすくなり、検索上位表示が狙いやすいのです。

またGoogleはCSSを読むようになってきましたので、CSSファイルをシンプルに書くことでさらにSEO効果が上がります。

まとめ

ミニマルデザインの魅力と効果についてご紹介しましたが、ミニマリズムはデザイン界の共通言語になりつつあり、是非習得してほしいと思います。

ミニマルデザインの魅力と効果をしっかり理解し、適材適所でどんどん活用してください。

以上、この記事が面白かったという方は是非シェアお願い致します

新着記事と笑いは鮮度が命や!

「機能美!シンプルなミニマルデザインのホームページが持つ魅力と効果」記事が気に入った方はいいねしよう!!