株式会社リースエンタープライズ 大阪南森町発、最強のホームページ制作集団

銀牙伝説を読もう!抜刀牙の秘密を語る、狼族のボス・霊魔登場!【八犬士編part4】

銀牙伝説を読もう!抜刀牙の秘密を語る、狼族のボス・霊魔登場!【八犬士編part4】

“犬”と書いて”漢”と読める個性溢れる銀牙シリーズの読み方をご紹介!

こんにちは、Webメディア事業部のShinnojiです。

さてさてやって参りました、銀牙連載SeasonⅡ「八犬士編」の続きです! 銀牙 THE LAST WARS! えー今、これを執筆している現在、もうカミングアウトしても良いかw 「銀牙 THE LAST WARS」で謎の登場をし、僕に「ま、まさか……も、も、もしかしてスナイパーの息子じゃないのかwwwwww」と、当時勘ぐらせた某キャラが(違ったのでホッとしましたが笑)やっぱり可哀想すぎると思っている僕です。

というワケで、前回、富士の樹海へクロスたちの救出に向かった銀を筆頭とする奥羽の戦士たち、乱の八犬士・百鬼牙と壮絶バトルを繰り広げ、勝利を収めた奥羽軍。戦ったのは甲斐の魔犬・黒虎です。

一瞬で相手の技を真似る地味にすごい黒虎ww
この通称「銀牙連載」は、犬漫画の巨匠、高橋よしひろ先生による「銀牙 THE LAST WARS」をより楽しんでもらう為の「銀牙伝説シリーズの正しい読み方」を解説しています。 「読みたかったけど長すぎて歴史が分からない」「面白そうだけどキャラが多すぎて覚えられない」そんな方は是非、銀牙伝説が今に至る、神話と呼ぶべき奥羽の戦士たちの物語をチェックしてみて下さいね。
銀牙 -流れ星銀- 赤カブト編part1はこちら
銀牙 -流れ星銀- 八犬士編part1はこちら

さて今日は一旦箸休めではございませんが、連れ去られたクロスたちがどうなっているのか。そして呪や烈牙を始め、抜刀牙と八犬士のルーツ、そして富士の樹海に待機するジョン・中虎らが率いる奥羽軍に対抗する烈牙の様子に迫っていきたいと思います!

富士の宮殿で目覚めるクロス

クロスさんがおめざめでございます。

さて、奇しくも烈牙の仲間に連れ去られてしまったクロスと子どもたち。どこだか解らない謎の洞穴で目を覚まします。

結局、今までの連載で説明してきた通りなのですが、話の展開的には、烈牙は銀を八犬士の一人と認め、富士の樹海に来させたかったのでやむを得ずベンを襲いクロスと子どもたちを拉致するという形になってしまいましたが、烈牙本人はクロスに害意を持っていたわけではないのです。

ここでクロスに狼族の声が聴こえてきます。振り返るとそこには一匹の狼の影。一応クロスも唯一の女とは言え、立派な奥羽の戦士の一人です。ですがそんなクロスですら全身震え上がり失禁するレベルのこの男こそ、富士の宮殿の主。

腕とられなかったら霊魔VSガイアはありだよねw
つまり烈牙を始めとする八犬士、そして師範役の呪を纏め上げる狼族のリーダー、その名も霊魔です。

キャラクターとしてのビジュアルも銀牙伝説シリーズの数多いキャラの中で、ジョンや如月、多少ネタバレで言えば後のジェロムやヴィクトール(※この2人は「銀牙伝説WEED」で登場)等の王道キャラの部類に入るのではないでしょうか。特に傷痕など目立つポイントがあるワケではありませんが僕は貫禄のあるカッコイイキャラだと思います。

ホンマですか霊魔さん?w

霊魔の威圧感を前にしガタガタに震えるクロスに「怖がることはない、自分は戦場で女・子どもを殺したことは一度もない」と安心するように諭します。

霊魔の目的は絶・天狼抜刀牙だった

私達の技を勝手に使わないで!by 霊魔

自分の言葉でようやく落ち着いてきたクロスを見て霊魔は「銀がどうして自分たちの秘伝である絶・天狼抜刀牙を使うのか? その理由を知りたい」とクロスに訪ねます。

そう、門外不出の抜刀牙がどうして外界に漏れたのか? 霊魔はそれが知りたくて半ば強引にですが、銀を呼びつける為、クロスを拉致するに至ったのです。そして「それを知ってどうするのか?」と尋ねたクロスに向かって、遂に霊魔の口から、絶・天狼抜刀牙を代表する、抜刀牙と八犬士のルーツが語られます。

武痕牙と水牙が一番しんどいのはもうこの時点で解ってます
・我ら狼族には先祖より代々伝わる、門外不出の抜刀牙という技がある。
・それらは襲・斬・乱・撃・滅・烈・砕・絶の8つからなる。
・だがその最後の究極の技とされる絶・天狼抜刀牙を伝授された者はこの魔宮におらん。
狼の技なのね!?

そう、霊魔の話を噛み砕いて説明すると、八犬士とは、上記で挙げた漢字(襲・斬・乱・撃・滅・烈・砕・絶)のそれぞれ8種類の抜刀牙を使うことのできる戦士なのです。

なので、烈の戦士は烈・幻夢抜刀牙を使う烈牙、そして滅の戦士は滅・変異抜刀牙の氷魔。そして黒虎が受け継ぐ形になるのですが、乱の戦士が乱・蛇龍身抜刀牙を使う百鬼牙だったわけですね。そして数ある抜刀牙の中でも究極とされているのが、銀が使う絶・天狼抜刀牙なのです。
教えてくれたらおじさんうれしいな。

なので残りの襲・斬・撃・砕の八犬士はまだ現時点では未登場です。そして、霊魔の言葉の通りですが、現在、絶・天狼抜刀牙を使う八犬士はいないのです。そこで霊魔は「おまえは知っておろう、銀という小僧が誰から絶・天狼抜刀牙を伝授されたのかを!」と詰め寄ります。

死してなお語り継がれる初代奥羽の総大将・リキ

銀牙シリーズ一の乙女キャラ。麗華やリディアなんて目じゃない、らしいです。

ここでクロスはある程度、霊魔は根っからの悪ではないと悟っているのか、正直に「銀はあの秘伝を父から貰い受けた。今は亡き奥羽の総大将・リキ様からさ!」と真実を伝えます。

リ・リキだと!?

クロスからリキの名が出た途端、狼とは言え霊魔の表情も一変。

「牙城」に突撃開始

死してなおこの絶大なる影響力。初代奥羽の総大将であり、一千を越える戦士たちを率い、絶大な強さとカリスマを持ち合わせ、巨熊・赤カブトと死闘を繰り広げた熊犬リキの存在は銀牙伝説シリーズに於いて外すことはできません。

この予想外のクロス返答に、返す言葉に詰まった霊魔は「もうしばらくここにいてもらうぞ!」とクロスらを別の場所に移すように部下に指示します。

重要なこと言わない時の呪が何してんのかが一番の謎

その傍らにはいつの間にか呪が。ここで呪から、どうして絶・天狼抜刀牙を銀が使うようになってしまったのか、元・絶の戦士であり、そして何と、今や同じ八犬士で烈の戦士である烈牙の実の父・風牙のストーリーに追憶していきます。

八犬士最強の男、烈牙の実父・風牙とは

風牙は地味だけど散り際がクソカッコイイんですよね。

ある日、人間への復讐を嫌った烈牙の父、風牙は、魔宮を抜けだして逃亡したのです。いわば当時の抜け忍である、と原作でも説明されています。風牙のビジュアルも霊魔とはまた違いますが、特に傷痕持ちなどではない王道の狼キャラです。

逆に今まで登場してきた狼キャラに奇抜な方々が多かった為(直近では百鬼牙さんが最たる例ですね)よくよく考えますと実子である烈牙と全く似ていませんが気にしたら負けです。
大体いつも指示出してる呪さん

もちろんこの魔宮と八犬士のカラクリを知る風牙を生かしておくことはできません。呪はすぐに部下を追っ手に差し向けます。

ですがこの風牙、八犬士最強とも呼ぶべき絶の戦士です。その強さは並ではありません。刺客を返り討ちにしながら何とか逃げ延びようとしますが、呪の追っ手もしぶとく、いかに絶・天狼抜刀牙を使う手練の風牙も、体力の限界を迎え、刺客たちに追いつめられてしまうのです。

初代奥羽の総大将・リキ見参!
その時、すんでのところで風牙の命を救ったのが、当時のリキだったのです。
リキは正義の塊ですねw

ここで風牙はリキを通して初めて正義感に目覚め、自分の秘伝である絶・天狼抜刀牙をリキに伝授したのです。息子である烈牙にすら伝授しなかったこの最強の抜刀牙を、です。

そしてリキは赤カブトを倒すのと同時、自分の全てと引き換えに息子、銀に烈・天狼抜刀牙を伝授した、というワケなのです。ここまで読んでようやく、どうしていきなり狼族が介入してきたのかが明らかになります。

そしてその真実を知らない烈牙

ジョン・中虎率いる奥羽軍登場

で、上記の風牙の絶・天狼抜刀牙に関する話は、風牙の実の息子である烈牙には知らされていないのです。烈牙は銀たちが百鬼牙を破った頃、富士の樹海に集結しつつある、ジョン・中虎を筆頭とした、赤カブトを倒した奥羽の戦士たちに注目しています。

ジョンこそ抜刀牙なしであの強さ。

「道北の連中と四天王が駆けつけてくれたおかげで何とか頭数はそろった」とここで指揮を振るうのは、後の「銀牙伝説WEED」でも赤目とともに銀の片腕的存在であると同時に、かけがえのない盟友である歴戦の強者、ジョンです。

奥羽軍集結!

もちろん他の奥羽の戦士もそろっています。武蔵は「四国のビル、九州のベムを殺ったのは間違いなく狼だ」と言い、白狼は「オレの片腕を獲ったヤツがここにいるのか!? 全員とっ捕まえ、一寸刻みにしてやる!」と憤慨しています。ここでは喋りませんが、モス如月がいるのも見て取れます。

「あとは頭を失った(ビルベムのことです)四国・九州の連中を(全国の地理を把握し「赤カブト編」では決死隊までこなす元曲芸犬であり万能犬)ウィルソンが集めてくるのを待つだけだ」と言う中虎に対し、

抱かれたい犬ランキング1位(弊社調べ)のジョン様
「小賢しい狼どもめ……、見ておれ、このジョン様が一掃してくれる」と啖呵を切ります。

その様を遠目で見ているのが烈牙です。この時点ではジョンたちを視認し「ふっ……人間をやる前にやはり奴らを皆殺しにせねばならんようだ」と敵意をむき出しにします。

そして銀たち一行を次に待つ八犬士は!?

嫌な予感しかしない展開w

ここで一旦物語が銀たちに戻ります。クロスの救出を目指して宮殿の奥深く、霊魔の元へ歩みをすすめる銀たちは、竹林に入っていきます。ここで銀一行を待ち構えている八犬士が一人。次回、激戦の再開です。

そして同時並行になりますが、ジョンたち奥羽の戦士と狼族の乱戦の行方も気になるところ。「赤カブト編」も良いですが「八犬士編」も改めて読みなおすとやっぱり面白い! 読む手が止まりませんね! そしてこのひとつひとつのドラマが「銀牙 THE LAST WARS」に受け継がれているのです!

次回は新たな天狼星八犬士VS奥羽の戦士の激闘について迫っていきたいと思います!
今日はここまでです。

そして、この解説を頼りに少しでも「銀牙伝説シリーズ」は元より現在の「銀牙 THE LAST WARS」を面白く読んでいただければ、銀牙ファンとしてこれほど嬉しいことはありません!

日本一危険な恋愛メディア運営の傍ら、Shinnojiという男自身が “日本一銀牙な男” を目指して、やらせていただきますので、よろしければ応援よろしくお願いいたします!

僕と銀牙トークがしたい方は「@shinnoji365」でフォローして「Shinnoji! 銀牙読んだよ!」と言ってくれれば、寝てなければ反応すると思います! 多分! Twitter上ではガンガン「銀牙 ~The Last Wars~」から話に入っていただいても構いませんw

次回も楽しみにしていただければ嬉しいです!

新着記事と笑いは鮮度が命や!

「銀牙伝説を読もう!抜刀牙の秘密を語る、狼族のボス・霊魔登場!【八犬士編part4】」記事が気に入った方はいいねしよう!!