株式会社リースエンタープライズ 大阪南森町発、最強のホームページ制作集団

銀牙伝説を読もう!八犬士最強、絶の戦士・風牙、斬の戦士・雷牙!そして銀、遂に魔宮へ【八犬士編part6】

銀牙伝説を読もう!八犬士最強、絶の戦士・風牙、斬の戦士・雷牙!そして銀、遂に魔宮へ【八犬士編part6】

“犬”と書いて”漢”と読める個性溢れる銀牙シリーズの読み方をご紹介!

こんにちは、Webメディア事業部のShinnojiです。

さてさてやって参りました銀牙連載SeasonⅡ「八犬士編」の続きです! 銀牙 THE LAST WARS! えー今、これを執筆している現在、この銀牙連載も様々なSNSなどで拡散していただき「会社のホームページなのか銀牙伝説のファンサイトなのかわからん」と言われ、困っている僕です。知らんがな!

母にはすぐに会えそうですね(三千里)

というワケで、前回、襲の八犬士、襲牙と死闘を繰り広げた末に勝利を収めたのは、ハイ、もう皆さん大好き伊賀忍犬総帥・赤目です。

長い銀牙シリーズの中でここでしか使われていないレア技

襲牙の前脚を武器にした襲・突槍抜刀牙に対して、亡き伊東家に伝わる秘伝、伊賀忍法・朧分身飛翔剣で対抗する赤目は本当にかっこいいですよね。

この「亡き伊東家~」は、人気が出すぎて遂に連載してしまったスピンオフ「銀牙伝説 赤目(全5巻)」を読めば、真相が解りますし、伊賀、甲賀の忍法争いも深く読み込むことが出来てオススメです!

この通称「銀牙連載」は、犬漫画の巨匠、高橋よしひろ先生による「銀牙 THE LAST WARS」をより楽しんでもらう為の「銀牙伝説シリーズの正しい読み方」を解説しています。 「読みたかったけど長すぎて歴史が分からない」「面白そうだけどキャラが多すぎて覚えられない」そんな方は是非、銀牙伝説が今に至る、神話と呼ぶべき奥羽の戦士たちの物語をチェックしてみて下さいね。
銀牙 -流れ星銀- 赤カブト編part1はこちら
銀牙 -流れ星銀- 八犬士編part1はこちら

さて今日は銀たちの帰りを待つ、樹海の外にいる、ジョン、中虎、武蔵、白狼などを筆頭とする赤カブトを倒した奥羽の戦士たち! そこには既に滅の戦士、氷魔が出向いていったと霊魔は烈牙に語ります。ここで登場、天狼星八犬士最強の漢、絶の戦士であり烈牙の実父、風牙についてと、八犬士の陰謀について見ていきましょう!

天狼星八犬士、私が風牙!

ファ~ってww

さて、樹海の外で銀・ベン・赤目・黒虎の帰りを待つジョン・中虎を筆頭とする奥羽の戦士たち、その勢力は狼側も無視できず、滅の戦士、氷魔が不意を突いて乱入します。

ジョンこそ漢。WEEDを読めば解る。

不意打ちを食らうものの何の事はないといった状態、いやむしろコイツはオレの獲物と言わんばかりに立ち上がるのは銀の盟友であり、赤カブト編でも大活躍の歴戦の勇士・ジョンです。

氷魔=キグナス氷河の法則は違いますw

しかし氷魔も滅の八犬士、実力は一度銀とぶつかっている時に証明されており、並の戦士ではありません。しかも彼が使うのは八犬士の持つ抜刀牙の中でも一番残酷であると言われる、滅・変異抜刀牙です。

ファ~VSウオオオオオ

まさにリーダー格同士のぶつかり合いになるかと思いきや、ここで乱入してくるのが、今は亡き初代奥羽の総大将・リキに命を救われ、絶・天狼抜刀牙を伝授した、八犬士最強の漢、風牙です。先程の通りですが、風牙は烈牙の父です。ですが、烈牙は現時点では風牙が自分の父であることを師範の呪に隠されており、知りません。

ここで「天狼星八犬士、私が風牙!」と単騎で乗り込んでくる風牙のカットは素直にカッコ良いです。

風牙のかっこよさがわからない? まだまだ青二才よのうby 長老(甲賀)#適当ですw
ちなみに補足説明ですが、風牙がなぜこのベストタイミングで戦場に斬り込めたかと言うと、奥羽の楽園の留守を預かるという貧乏クジを引いてしまったスミスの元に「リキ殿はおられるか?」と風牙が訪れ、経緯を聞いたからです。

スミスいないなぁ……って思った方、残念。彼は雷にビビりながらお留守番ですw(それも大事な努めです)スミスはどちらかと言うと、後の「銀牙伝説WEED」で大活躍します。こちらもスミスのおっちょこちょいなキャラが好きだった方にはおそらく涙無しには読めないでしょう。
氷魔も弱いわけじゃないんですよ。だって霧作るしww

ここでは氷魔の滅・変異抜刀牙を風牙の絶・天狼抜刀牙が圧倒します。氷魔もびっくりです。そして何よりジョンたち奥羽の戦士もびっくりです。当たり前です、巨熊・赤カブトを倒し、リキに絶・天狼抜刀牙を伝授したのは何を隠そうこの風牙なのですから。ジョンですら「リキ様以上の闘気を感じる」と圧倒されます。

氷魔敗れたり

ここで氷魔に向かって風牙は「八犬士のすべてのカラクリは呪にある」と言い切ります。

すべてあいつのせいです、あいつがやったんですry

そして遂に宮殿にたどり着く銀一行に!?

何とか見つけました

ここで一旦物語が銀たちに戻ります。八犬士はあと三人。なぜ姿を表さないのか訝しみながらも進んでいると、樹海の中でいきなり開けた場所に岩場が現れます。

ぬ、何奴!?

そしてこの岩場を取り囲むように狼たちが群れているのが見て取れることから、銀たちは、ここが氷魔、烈牙の言っていた「魔宮」の入り口ではないかとの推論にいたります。

甲斐犬を友に持つと良いって剣が後々言うんですよね

しかし! ここで銀一行、狼族に見つかってしまいます。銀、ベン、赤目、黒虎。奥羽の戦士の中でも生え抜きの実力者ですが、圧倒的な数で襲い掛かってくる狼族にはさすがに多勢に無勢。ここで捨て石となるのが甲斐の魔犬・黒虎です。

黒……って略され始めるのは実はココからです。

別れの言葉を告げながら単騎、狼族の注意を自分に引かせる黒虎。銀が「お前だけ死なせるか!」と言うもののベンが「もう遅い! 黒虎の男気をムダにするな!」と止めに入り、葛藤する銀の描写があります。

いっそげええええええ

そしてやはりこの岩場は魔宮の入り口だったのです。銀、ベン、赤目は魔宮に入っていきます。

黒虎も赤虎に負けず劣らずのカッコ良いシーンてんこ盛りキャラ

ここで捨て石になった黒虎ですが、さすが甲斐の魔犬。狼族に一切劣らず、狼が銀たちに気づかないよう走り回るのですが、ここで黒虎に襲いかかってくるのが斬の八犬士、雷牙です。

初見では二度見すること間違いなしの雷牙様w

えー……初登場カットからすでに色々とおかしいのですが、僕は個人的にはこの雷牙は嫌いではありません。(この連載が終わる頃にはご理解いただけると思います……多分……多分ね)

斬の抜刀牙も良いよ、3人いないとできないけどry

今のところ、赤目の朧分身飛翔剣ではありませんが、この雷牙、なんと頭が3つという意味不明な状態で一気に間をおかず黒虎に襲いかかってきます。ここではまだ彼の抜刀牙は披露されませんが、状況の理解ができない(当たり前)黒虎に雷牙が襲いかかっているのが見て取れます。

魔宮の中はまさかの水路!?

観光旅行ではございませんwww

そして黒虎のおかげで無事、魔宮に潜入することに成功した銀、ベン、赤目。その入口の先は見事な鍾乳洞が見れるほどの地下帝国だったのです。

クロスたちの匂いを追うものの、赤目が「地下水の音がする」と言い、その先にはなんと滝が! 地下では滝が行く手を阻んでいるのです。しかし、かと言ってこのまま引き下がるわけにもいきません。滝があろうが前進あるのみ。

行ったら二度の帰れなさそうな観光旅行ランキング1位

ここは総大将の銀が、水の流れを知っておかなければならないと我先にと飛び込んでいきます。様子を見る赤目とベン。無事に着水して押し流されることはないと確認。すぐに銀に続き飛び込もうとする赤目とベンですが……。

銀は熊犬になる過程で水慣れもしております。

次回、まさかの水中戦!?

この時点では完全にUMAです。水牙さんwww

赤目とベンを待つ銀の後ろから、水中に影が。その存在に気づき「足元に何かいるぞ!」と吠える赤目。しかし時既に遅し。銀はその魔手に捕まってしまいます。

鮫だったら一発KOなんでまだ水牙さんでよかったです。

さて、ここからは樹海の外と魔宮の中を行ったり来たりする展開になりますので、皆さんしっかりついてきて下さいね。ジョンたち、奥羽の戦士VS狼族。そしてクロスを救う為、魔宮に乗り込んだ銀たち一行。同時並行で進めていきたいと思います。

そして一気に紹介するのはたぶん無理……w だと思ったので、今回は天狼星最強の戦士、風牙。そしてまだ登場だけですが、3つの頭を持ち黒虎に襲いかかる、斬の戦士、雷牙をご紹介しました。

次は皆さんすでにお解りかと思いますが、この水の中から銀に襲いかかってくる魔宮の門番さんです。勘の良い人は読んでなくてもおそらく名前くらいは検討がついていると思います笑

今日はここまでです。

そして、この解説を頼りに少しでも「銀牙伝説シリーズ」は元より現在の「銀牙 THE LAST WARS」を面白く読んでいただければ、銀牙ファンとしてこれほど嬉しいことはありません!

日本一危険な恋愛メディア運営の傍ら、Shinnojiという男自身が “日本一銀牙な男” を目指して、やらせていただきますので、よろしければ応援よろしくお願いいたします!

僕と銀牙トークがしたい方は「@shinnoji365」でフォローして「Shinnoji! 銀牙読んだよ!」と言ってくれれば、寝てなければ反応すると思います! 多分! Twitter上ではガンガン「銀牙 ~The Last Wars~」から話に入っていただいても構いませんw

次回も楽しみにしていただければ嬉しいです!

新着記事と笑いは鮮度が命や!

「銀牙伝説を読もう!八犬士最強、絶の戦士・風牙、斬の戦士・雷牙!そして銀、遂に魔宮へ【八犬士編part6】」記事が気に入った方はいいねしよう!!