株式会社リースエンタープライズ 大阪南森町発、最強のホームページ制作集団

クローン病なのにエレンタール一切なしで働く為にしている5つのこと!

クローン病なのにエレンタール一切なしで働く為にしている5つのこと!

クローン病ってご存知ですか?

こんにちは、Webメディア事業部のShinnojiです。
僕のことは「日本一振り切った恋愛メディア 365がぁる」「いけない大人の火遊びメディアあんりあ」等でご存知の方のほうが多いかと思います。

そして僕は先述の365がぁるで思いっきり特集記事にしてやったのですが、実はクローン病という難病指定を受けています。

なんで僕、ぶっちゃけラーメンとか串カツとかポテトチップスですら、本来は食べちゃだめなんですよね。現に2015年に入ってからは1回も食べてません。

この病気、腸の炎症が治まらない病気で、潰瘍性大腸炎と双璧をなす、現在未だ完治する方法が無い病気なのです、全国でクローン病と闘っておられる方はたくさんいらっしゃいますが、クローン病と聞いて一番しんどいのはエレンタールではないでしょうか。

このエレンタール、天下の大手食品メーカーが作っている栄養剤なのですがそのクソ不味さで超有名です。

クローン病は食事の際に基本的に脂質を多く摂れない為、栄養剤の併用が基本なのですが、大手食品メーカーですらここまでの不味さにしか抑えられないこのエレンタール……。が、しかしッ。

実は僕は列記としたクローン病患者なのですが、このエレンタールを併用していないにも関わらず、経過は模範囚の様な(捕まってないけど)良好な数値を出しています

今日は少しでもクローン病に苦しむ方の為に、Shinnojiがどうやってエレンタール無しで社会人として生活しているかを書きたいと思います、参考になれば幸いです。
※あくまで個人の一例ですので必ずしも経過が良くなることを補償するものではありません。

クローン病のきっかけ

クローン病のきっかけ

僕は元々お腹が強い方ではなく、珈琲が大好きだったのですが、良くその後、下していました。そこで2014年の冬、原因不明の腹痛に襲われるようになり病院へ。

最初はそれこそ通例通りの問診だったのですが、血液検査の炎症反応を見る数値にCRP定量という項目があります、これ、普通の人なら、0.30以下が普通なのですが、

6.00という20倍の数値を叩きだしていましたw

で、そのまま(多少省きましたが)即入院です。

ここで、僕のお知り合いの方なら、僕がHR/HM(ハードロック・ヘヴィメタル)好きなのはご存知かと思いますが、この時、ちょうど僕の大好きなイタリアのプログレッシヴメタルバンド、DGMの初来日(しかもこれを逃したらもう一生無いかもしれないレベル)ライブにも参戦できず、涙チョチョギレの日々を送っていました。

そして襲い来るエレンタールの洗礼

そして襲い来るエレンタールの洗礼

そして、病名の原因究明中はもちろん絶食状態ですので、点滴にプラスで栄養剤として入院中に確実に飲まされるのがこのエレンタールなのですが、

初陣では泡吹いて倒れるほどクソ不味いです

しかもこれ、500ml前後あるんですよね。いわゆるペットボトルのお茶レベル。なんとこれを朝・昼・晩と服用するよう命ぜられます。
ここで僕はこう思いました。

どんな病気が知らんがこんなモノと一生付き合わされるくらいなら死んだ方がマシなので病気と仲良くしよう

と。というワケで、後にクローン病であることが(8割がた既に分かっていたのですが)判明し、今は2ヶ月に1回の点滴治療と、毎食後の処方薬(ペンタサというお薬です、少し大きいですが味もないので全然大丈夫です)だけで、

入院中最高10.0までいった炎症数値は現在0.01です

というワケで、どうやっているかをつらつら書きたいと思います。

自分を修験者か何かと思え!

自分を修験者か何かと思え!

クローン病判明で退院。そして復職した折、まず自分の生活習慣を(僕は元々ギャンブルするわけでもなくインドアなんで、そんな破天荒ではないんですが)見直しました。

まずやめたのがタバコです

喫煙を続けるクローン病患者の多くは5年以内に再燃し、また病院に逆戻りだそうです。するともちろんですがエレンタールがやってきますので、一瞬で辞めてやりました。

ちょっと禁煙の仕方が特殊だったのですが、これはこれだけで記事を1本書けてしまうので、また次の機会にお話します。

平日は珈琲もゼロ

珈琲も刺激物なのであまり良くないと栄養士さんに言われました。ですが僕は天下無双の珈琲好きの為、これには困りました。

1日4~5杯は軽く飲んでいましたが、今は平日は絶対に飲みません。仕事の打合せ等で、どうしても出てきた場合は別ですが……、これの解決法は、さっきのタバコを辞めるのにも一役買ってくれているのですが、

ノンシュガーの珈琲茶館というカンロさんの飴が最高にマッチしました

そうです、珈琲味の飴を舐めています。実際やってみると効果絶大で、珈琲も止めることができました。しかも上記のカンロさんの珈琲茶館は脂質も殆どゼロなのでなんぼ舐めても大丈夫。正に僕には天の助けと言えるべき存在で、今は常時持ち歩いています。

ただ、注意するべきは虫歯です。

僕は歯医者さんに「キミは多分一生虫歯にならない」と言われるほどで、実際に本当に虫歯にはなったことがないのですが、

真似して僕のペースで飴を舐めると確実に虫歯になりますのでご注意下さい

上記でも大分改善されるでしょうが、一番の極め付けはやはり食事です。僕の今の食生活はこうなっています。

朝 / バナナ2本 昼 / おにぎり(なるべく脂質が低い物、鮭がおすすめ)2個 夜 / きつねうどん + 米

これを修験者か何かのように繰り返し続けています

「え、毎日毎日1日も欠かさずうどんと米ですか?」と思われると思いますが、そうです。

これくらいやらないと経過良好ではおれずに、確実に僕の生活のサイクルにエレンタールが侵入してくることでしょう。それでも構わないくらいエレンタールが不味いのです。

ここでも少し夕食をアレンジしています。
よく売っているきつねうどん、これだけだと、うどん、あげ、青ねぎ、しかないので、すごく殺風景ですし、さすがに可哀想すぎます。なので、

脂質の低い卵スープの素をぶち込んで、卵きつねうどん風にアレンジしています

そしてお米も、毎日白米だけでは飽きるという方がいるかと思います。僕はお米大好き人間なので、お米は問題ないのですが、中にはそうじゃない人もいますよね、そういう方は、

脂質の低い、鮭・のりたま・しそなどのふりかけで凌ぎましょう

僕は卵かけスープをぶち込んだうどんに、のりたまごはんという「お前、卵と炭水化物しか摂ってねーじゃねーか」と言われる内容ですが、そうしています。

それくらいしないといけない上、治療法が確立できていない為、クローン病は難病なのです。どうしても間食したくなったら(基本しませんが)スナックは焼いてある煎餅か(ぼんち揚げとかはNG)、カステラが良いです(ちゃんと脂質の表記は見て下さい)。

まとめ:一番はストレスを溜めないこと

一番はストレスを溜めないこと

さて、では僕のクローン病(というか最早エレンタール)対策をまとめてみましょう。

  • 1. タバコをやめた
  • 2. 珈琲をやめた(平日)
  • 3. 上記の分、珈琲味の飴をいただく制度導入
  • 4. 食事を統一した(平日)

簡単に書くとこうですが、実際やってみると、とんでもなく生活が圧迫された気分になります。ええ、お前は悟りを開きたいのかレベルの禁欲生活になってしまいます。

これだけでは、僕も人間なので、確実にストレスが溜まります。クローン病はストレスが溜まることでも悪化しますので、僕の真似をして逆に悪化しないように気を付けて下さい。

僕はもちろんその分“気を抜いている部分”がちゃんとあります。それは、

  • 5. 土日のみ珈琲を1日2杯まで解禁・行きつけの純喫茶でサンドイッチを楽しむ

です。土曜の朝に行きつけの純喫茶でモーニングを頼み、普通にサンドイッチを食べています。バターとかがNGでしょうが、ここは開き直って何も考えず。平日の禁欲パワーが効いて何ともありません。そして、

休日の始まりに飲む珈琲の美味しさは今までではわからないくらいありがたい

です。そしてタバコなど、諸々の嗜好品をやめてますので、何故かクローン病になる前より、金がありますwwなので、好きな小説や、メタルバンドの新譜を買って読んだり聴いたり、ゲームセンターで常連になって友達になったりして過ごしています。

要らないモノを棄てて、余ったモノで新しいモノを取り入れる。飲み会など「ここぞという時」だけ、お酒などを解禁する(1日でぶっ倒れるようなものではないですし、普段禁欲していれば僕の場合は1日くらいは大丈夫です)

ちょっと違いますが「病気と共に生きていく為の断捨離」とでも言いましょうか。

でも一番は周りの人の協力

でも一番は周りの人の協力

このようにして、Shinnojiは社会人として働きながらクローン病と闘っている、というお話でした。

そして、食生活の改善などの問題よりも、何よりこの病気と上手くやっていくには、周りの環境が大切です。自分の不摂生でこうなったのなら自業自得ですが、そうじゃないなら恥ずかしがらずに、

ワシはクローン病だからできればこういうお食事にしておくれ

と周りに認知してもらいましょう。ふいに飲みに誘われ串カツ屋にINしてしまう等というアクシデントが一気に減ります。

別に恥ずかしくないでしょう、それ以外は普通なんです。クローン病だから、と他に変な気を遣われる方が悪いなぁと思うので、最初から「これはやめてくれ」というモノは言ってしまいましょう。

Shinnojiがクローン病患者でありながら社会人として真っ当に職務に励む為のライフスタイルの一部始終をお送りました。普段「365がぁる」などでは、へらへらしている馬鹿な若造と思われるかもしれませんが、一応努力はしていますw

同じ病気でも程度があるかと思いますが、少しでもお役にたてば幸いです。
とにかくこれで確実に、お金が浮きますので、後、ほかに欲しいものは……、そうですね、
音楽的趣向と上記の食生活を理解してくれる可愛い彼女さんです(ry

新着記事と笑いは鮮度が命や!

「クローン病なのにエレンタール一切なしで働く為にしている5つのこと!」記事が気に入った方はいいねしよう!!