春の採用募集/JUMP UP STAFF | 大阪南森町のホームページ制作集団 - 株式会社リースエンタープライズ

エントリー

SATO SHIN

ポータル企画室 室長

創業時の募集にて入社。
10代の頃から数々のブログやWEBサイトを立ち上げる。

忙しくなって更新が滞ったところ、管理人が死んだ噂が流れたという「日刊都市伝説」は、映画「THE 4th KIND」公式サイトにて、GIGAZINEなどと並んで紹介される。

リースエンタープライズではWEBメディア事業の統括。

その他、クライアントサイトのディレクションから集客戦略の考案、EC通販事業の広告運用・管理も行い、自分でコードを書くこともある何でも屋。

ガラケー全盛時代からWEB業界に身を置き、業界の様々な変動を体験してきました。

アクセスが爆発する瞬間は、楽しい

元々何もない状態から女性ユーザー確保のために立ち上げた自社メディアにアクセスが集まり、メディア単体でのマネタイズに成功してから、かれこれ4年以上継続しています。

それからは既存でアクセスが乏しかった自社メディアも集客導線、ユーザー目線を考慮した設計にフルリニューアルし、アクセスは何十倍にもなりました。

物の捉え方、考え方を培う

WEBメディアを運営するのは本当に難しいことです。

しかし、WEBデザイン、HTMLやCSS、JSなどの言語、CMS、SEO、広告運用、果ては折衝にいたるまで、一通りのスキルを身に着けるにはうってつけだと思います。

もちろん売上や日々のアクセスにも直結するので、考えた通りに数字が伸びたり、ユーザーやクライアントから感触を得ることができれば感激ですし、評価にもつながります。

指名をいただくのは最高にありがたいこと

懇意にしていただいているクライアント様から制作の案件を直でいただくこともありますし、内製でWEBメディアを運用していることから、WEBメディア界隈の興味深い話や、集客のための最前、最新のノウハウを吸収する機会にも恵まれています。

もちろん、自分で良いと思った施策はすぐに実践できる環境です。

自分でやるから、自信を持って話せる

自分でコードも書くし、やるべき内容を把握しているからこそ、現場で細かい応用を利かせることもできます。

そして、経験があると言葉に説得力が生まれます。WEBメディア、そしてWEBメディアから派生するものを多数展開しながら、それらを回すスペシャリストを集めたい。

自分自身、制作も、広告も、運用も、企画まで、マルチに動ける人材のひとりになりたいと考えています。

大胆な発想で大きなアドバンテージを得てほしい

集客導線のひとつとして作り始めたWEBメディアが現在、会社として事業のひとつになり、一任していただいていることもあり、筋の通った提案すれば、与えられる裁量はとても大きいと感じます。

もちろん、最初はプレッシャーに感じることもあるかもしれませんが、自分自身、駆け出しのころから裁量を与えられて、そこで積んだ経験値は大きな糧になっています。

経験があるというアドバンテージは、自信にもつながり、仕事をする上でとても大きいと思います。