春の採用募集/JUMP UP STAFF | 大阪南森町のホームページ制作集団 - 株式会社リースエンタープライズ

エントリー

TOMOHIRO SHIOTANI

デザイン企画室 室長/チーフデザイナー

創業時の募集にて入社、デザイン企画室チーフデザイナー。

この会社に入った時はデザイン企画室なんてものはありませんでした。

僕はデザインがしたいし、デザインしか出来ないから、ないものは作っちゃえということでデザイン企画室を作って、1歩づつステップアップしてきました。

今では、多くのクライアント様を抱え、日々WEBデザインを中心に、紙媒体やロゴデザイン、はたまた企業スタートアップのアドバイスや企画に至るアートディレクション的なお仕事まで、あらゆるデザイン業務を請け負っています。

人に喜んでもらうことを大切に

クライアント様が要求する斜め上をいくアイデアで、ワッと驚かせる楽しさは、この仕事のやりがいと言えるでしょう。

僕がいつも大事にしていることは、「人に喜んでもらいたい」という基本的な欲求を忘れないこと。

デザインは本質的であり、エンターテインメントでもあります。
いかに物事の本質を見抜き、デザインに反映させ、そしてエンターテインメントとして昇華させるかが、デザイナーの見せ所です。

常に新しい表現を追い求める姿勢

デザイナーにとって、仕事とは常に新しいことへの挑戦であるべきだと考えています。

「何か新しい技術が出たらしいぞ」とか「あのサイトどうやってアニメーションさせてるんだろう?」とか、常にアンテナをはって、日々新しい技術を習得していくことは、デザイナーにとって大事な姿勢だと思っています。

求める人は、技術ではなく人間性

おかげさまで大きなお仕事も増えてきて、これからもっと楽しいデザインやエンターテインメント性の高い企画を行なっていくにあたって、新しい人材は貴重な財産になります。

皆さんと楽しく、いつでも笑いながらアイデアが出せるような環境を作っていきたいですね。

精神衛生の悪い場所では、デザインは絶対良いものなんて出来ません。

面白いと思ったものを積極的に共有して、積極的にチャレンジできる、技術なんて伴っていなくても、そんな人間性のある人なら、必ずデザイナーとして活きます。

私は・僕は、技術がないから無理だ…と諦めずに、まずはご応募してみてください!

おまけ

VR技術やインタラクティブアート分野が好きで、独学で学んでいたりするプログラムが書けるデザイン思考人間の方がいたら、絶対応募してください笑