通販サイト出店を考えている方必見!ショッピングモール出店のメリット・デメリット!【楽天ショッピングモール編】

通販サイト出店を考えている方必見!ショッピングモール出店のメリット・デメリット!【楽天ショッピングモール編】

i1269_1

こんにちは、社外サポートメンバーのnorickこと上坂です。

私は、通販サイトを中心に新規出店をサポート、コンサルティングを行う業務を行っております。

今日は、モール系通販サイトの傾向を私なりに解釈してきた独自の見解をお話ししたいと思います。

今回は、主に「楽天ショッピング」「Yahooショッピング」「Amazon」のこの3つを中心に進めて行きます。

ショッピングモール界の最高峰!
「楽天ショッピング」

まず、モール業界の最高峰に君臨するのが、やはり楽天ショッピング!

集客面、サポート面、企画面どの面においてもやはりダントツの成果が得られるモールではないでしょうか。

私が初めて手掛けた通販モールがこの楽天ショッピングさんでした。

主に、子供服を中心に展開されたクライアントが、運営開始月(初月)に148万円の売上を達成されました

このクライアントさんが、海外輸入の受注発注の通販サイトで、わずかな在庫で148万円達成!これには楽天さんの担当者さんも非常に不思議に思われたと思います。

しかし、ここには綿密に準備された戦略がありました。

このクライアントさんの強みは商品数がオープン時に5,451点もの商品を用意できたことにあります。

商品数の多さは、検索ワードにて多様性を生みます。

多様性を生んだ結果、ランキングやレビュー等の評価順では、後発サイトが圧倒的に不利なモール系通販において、検索ワードという大きな武器を得ることができました。

つまり、>商品数の確保こそ、楽天ショッピングのような既に必要なインフラが整備され、生江の出店社があるなかに、様々な商品を探すユーザーが数万人も会員として存在する通販モールには圧倒的な優位性を生むのです。

そこで、注目されるのが在庫を持たない受注発注形式(ドロップシッピング)です。

出店審査において、一定の基準はあるかと思いますが、楽天でも在庫を持たない形をしっかりユーザーへ理解して頂きしかるべき表示を行い、サービスとしてきちんと案内することができれば、わずか2名程度のスタッフでも初月で148万円という実績は可能と考えられます。

「楽天ショッピング」の強み

最近は、在宅でできる副業として、サイドビジネス感覚で様々な人が参入することで楽天自体にも商品の多様性が広がり、楽天で変えない買えないものは恐らくほとんどないんじゃないかというぐらいまで網羅されています。

そして何よりの強みは、

個人的に最も価値があってわかりやすいポイント!

ポイントサービスです。「楽天ポイント」です。
i1269_2

アメックスのポイント、JALマイル・・・仕事の兼ね合いで様々なカードを利用してきましたが最強で最も便利でありがたいポイントが私には楽天ポイントなんです。

ポイントの貯まり方が極めて日常的に自然に貯まるので、そして使用方法もわかりやすく私は楽天ポイントはシンプルで最も使いやすい印象があります。

アメックスのポイントプログラムとJALマイレージバンクについては後日、お話ししますね

このポイントの価値が、最終的に利用されるお客様が迷ったときに、楽天を選ばれるきっかけになっていることは間違いないと思います。

昨今の脱モール系通販から独自本店通販を検討される際には、このポイントの存在が最終的なモールで展開するメリットかと思います。

こうなってくると、最初の話では、このコラムにはYahooとAmazonとの比較をお話ししようと思っていましたが、これは展開的に楽天だけで終わってしまいそうなので、このまま楽天で終わる気持ちで進めます。

ここ数日通販業界をにぎわすのが結局のところ最終的には、本店通販出店と楽天出店でメリットデメリットが出てきますが、こちらについては明暗くっきりといった感じでしょうか。

全くの真逆なんです。メリット点、デメリット点が全く逆です。

楽天の凄いところは、「即効性」です。

つまり私がお話ししているように商品数をある程度確保できる状態であって、そこそこ人気の商品(需要の多い商品)であれば、即効で検索ワードから売り上げが確保できるのです。

しかし、本店通販の場合は、確実に初期段階の集客力においては、費用対効果が悪い状態が続きます。

楽天ショッピングへの出店コストを私は、クライアントさんに「広告費みたいなもんです」とお伝えしています。そして、信用性においても、ユーザーは、楽天という第三者が、出店者の間に君臨してくれることで「審査を通過して出店しているんだから大丈夫だろう。

最悪何かあっても楽天がどうにかしてくれる」というような安心感が確実にあると思います。

当然、楽天の審査基準はしっかりしていますから、よっぽど最初から騙すつもりで出店さえしなければある程度の信用があると考えていいでしょう

さて、そうなってくるとベストな出店方法は何か?

それは、「ハイブリッド出店」です。(勝手に命名してみました。)

ハイブリット出店

i1269_3

手順1、楽天ショッピングにて出店

※この時に売れ方を見る。(楽天集客がある中で実際商品が売れるのかを検証)

手順2、本店通販サイトを制作し出店検討

ま、ただの優先順位だけですけど……

さて、ではなぜ、本店出店を行う必要があるかという事です。

先にも商品数について触れましたが、基本的にはモール系通販では、商品数が増えれば増えた分だけ、基本料金が上がります。

参考:楽天市場 ネットショップ出店・開業 プラン・費用

やはり通販の最大の魅力は、無限に広がる取り扱い商品の幅ですと天井知らずの売上です。

乳児のベビー服を始めたクライアントさんは、次におもちゃを取り扱い、5年後には小学生のファッションを始めます。10年後にはスポーツ用品を取り扱います。20年すればファッション全般を扱います。。。

そうして行くうちに、ファッション全般のマーケットへごく自然に進出し、ごく自然に商品数を増やしていくんでしょう。

少子高齢化のこの時代に、そのクライアントが賭けた大勝負!0歳からその子供の成長と共にお客様と歩んでいくという企業理念には私も感服しました。

ここまでの長期戦略を行う場合には、毎年、毎月かかる更新料と基本使用料は果たして……是か非か……言うまでもなく、

私たちチームリースエンタープライズのSEO対策の巨匠、shinnojiの格言

【WEB上の家賃を下げる!】

これは、確実にしっかりとお客様に受け入れられ良質なアクセスを維持したきたものはその恩恵を受けられるんだというSEO魂、いやヘヴィメタル魂!

時代が、ROCKだ!POPだ!HIP-HOPだ!ダンスミュージックだ!と移ろう中で、ヘヴィメタルは違う。

ヘヴィメタルにはヘヴィメタルの純粋な音楽への向き合う姿勢がある。その良質なファンが、またヘヴィメタルという音楽を育み、熱きヘヴィメタラーが、ヘヴィメタルバンドを志す若い芽をやさしく包み込み、流行に左右されない1丁目1番地の一等地の家賃を下げています。

話はそれましたが、長期戦略において、初期段階の投資がいずれ、WEB上で評価されれば一気に0円に近付くわけです。

つまり、日本最大アパレルファッション通販のZOZOTOWNさんは正に初期段階において、デザイン性、プロモーションにおいては、大胆で奇抜なプロモーションを行い。

それでいて宅配サービスにおいてもヤマト運輸を中心としたサービスにも注力されたことで、それまで都市部のファッションに敏感な若者を一気に取り込みました。

あなたの夢は、何ですか?

モールでランキング1位を目指して競争にもまれながら即効性を武器に強い通販サイトを育てるか!それとも、悠々自適に今の苦労を後々清算していく通販人生か……

はい、ご用命は、私共リースエンタープライズにお問い合せ下さい。(笑)

どっちでもいけますよ~

次回は

  • YahooショッピングとAmazon
  • 最強のポイントは何か?楽天ポイントか、T-POINTか、マイルか、マイルならJALかANAか?
  • 33歳のアパレル購買活動年表。あの頃のユニクロは新聞の折り込みチラシだった……。
  • 33歳のアパレル購買活動年表。中学生の時にカツアゲに合うのが怖いからケンカ強めなイトコと勝負の日は出かける・・・
  • 33歳のアパレル購買活動年表。BEAMSのオレンジの肩掛けバッグを友達から500円で買う

等をご紹介して行きたと思っています、よろしくです~

「通販サイト出店を考えている方必見!ショッピングモール出店のメリット・デメリット!【楽天ショッピングモール編】」記事が気に入った方はいいねしよう!!
ありがとう平成!ようこそ令和(れいわ)新元号に伴う変更作業は当社にお任せください!

新着記事と笑いは鮮度が命や!