エビスビール記念館行ってきたのでレビューしてみた

エビスビール記念館行ってきたのでレビューしてみた

東京恵比寿にあるエビスビール記念館が最高です

エビスビール記念館行ってきたのでレビューしてみた

どうも、チーフデザイナーの塩谷朋広です。

あなたはエビスビール好きですか?

僕はエビスビール大好きです!あのプレミアム感がたまりません!

エビスビールといえば、日本ビール界の最高峰プレミアムビールなイメージが強いですよね。

エビスビール

あの金に輝くパッケージと、恵比寿さんが何とも言えない幸福感を演出しています。

そんなエビスビール、実は只々プレミアムだから高いというわけではなかったんです。
多大な企業努力のもとに成り立っていたエビスビールの真実!

先週末に久々に東京へ行く用事があり、空いた時間を利用してエビスビール記念館へ行ってまいりました。

せっかくエビスビール記念館に行ってきたので、東京恵比寿にあるエビスビール記念館の口コミをしたいと思います。

まずはエビスビール記念館へのアクセス方法

東京在住の方は読み進めてもらって大丈夫かと思います。

それ以外の方は、大都会東京の土地勘もあまりなくイマイチ迷いがちな事もあると思いますので、エビスビール記念館までの行き方をご紹介します。

エビスビール記念館がある恵比寿ガーデンプレイス

そもそもエビスビール記念館は、恵比寿駅にある恵比寿ガーデンプレイスという施設の中に存在しています。

恵比寿ガーデンプレイスといえば、超有名シェフ「ジョエル・ロブション」のフレンチレストランが有名ですね!一度はあそこでお食事してみたいものです。

話が逸れましたが、僕の場合は、代官山から歩いて恵比寿まで行きました。

通常であれば、JR恵比寿駅まで電車で到着してください。
すると、恵比寿スカイウォークという空中回廊とつながっていて、雨に濡れずにそのまま恵比寿ガーデンプレイスまでアクセスすることが出来ます!

恵比寿スカイウォーク

道も広くベビーカーや車いすでもスイスイですので、恵比寿スカイウォークの利用がおすすめです。

さて、恵比寿ガーデンプレイスまで到着すると、目の前にSAPPORO BEER STATIONという施設があり、僕は意気揚々と「ここだ!」と思って突っ込みましたが、レストランですのでお間違えなく。

また、Google mapなどで検索して来られた方は、地上から歩いてエビスビール記念館を目指すと思いますが、地上からはサッポロビール本社がそびえ立っているだけで、迷ってしまいます。

実は地下1Fがエビスビール記念館です。
エビスビール記念館エントランスの大きなエビスビール

恵比寿ガーデンプレイスの中心にある大階段からセンター広場に降り、左手にある恵比寿三越を通過すると、エビスビール記念館が登場します。

でっかいエビスビール像が目印ですよ!

エビスビール記念館の予約状況に注意

続いてエビスビール記念館は自由見学と予約制の見学の2種類が存在します。

絶対に予約制の見学を選んでくださいね。

僕の場合は、当日日曜日の13:00に到着しましたが、13:10のツアーに予約することが出来ました!

もちろん確実なのは事前に予約することですが、予約していないから次週にしようと考えている人は、是非当日でも向かってみてください。

ツアー本数も多く、当日でも予約できる可能性が高いです。
1ツアーの定員は20名くらいのようです。

混雑状況はちょうど良いくらいです、寂れてるわけでもなく、超人気スポットなわけでもない、正にデートや休日にピッタリのスポットでしょう。

エビスビール記念館見学ツアーのご紹介

ツアーの中身は当然現地でご体験されることが望ましいと思いますので、ここでは割愛させて頂きますが、一部ネタバレが含む箇所もありますので、これ以降は注意してください。

見学ツアー自体は、40分程の所要時間となっています。
見学料は500円とかなりお値打ち価格。

ブランドコミュニケーターというエビスビール記念館のスペシャリストが丁寧に説明しながら20分間館内を見学して回ります。

なかなか展示物も凝った作りで、大人でもワクワク高揚してきます!
僕が注目してほしいのは、エビスビールの広告やパッケージデザイン。

エビルビールの広告デザイン

1890年2月に発売された恵比寿ビールですが、発売以降の広告やパッケージがとってもオシャレ。

一貫したセンスの良さはエビスビールのブランディングの重要な要素になっているなと感じました。

ある程度ブランドコミュニケーターさんにエビスビールの歴史を教えて頂いた後は、遂にエビスビールの試飲へと移ります。

ブランドコミュニケーターさんの巧みな話術でツアー参加者は全員、既にエビスビールの虜となっていますから、エビスビールを飲めるというだけでテンションがMAX。

ちなみにツアーはひとりでも全然参加できます。

「あいつ、ひとりで寂しそう…」感は全く出ませんので、ひとりの方も是非参加を。

エビスビールを飲み比べ!試飲しましょう!

エビスビールを飲み比べ!

ブランドコミュニケーターさんが注いでくれるエビスビールは、黄金色に輝いていて何とも美味しそうです。

なんとたったの500円でエビスビールを2種類飲み比べ出来るというのも、エビスビール記念館の魅力のひとつ。

僕の場合は、エビスビールと、琥珀ヱビスの2種類の飲み比べが出来ました。

予測ですが、時期によって琥珀ヱビスだったりシルクエビスだったりと違いはあるんだとうと思います。

試飲はいわゆるテイスティング程度の分量ではなく、ガッツリ各1缶分350mlグラスに注いでくれます。

そこに出てくる塩えんどう豆もなかなかの美味。

しかも、なんとこのタイミングだけだったのかわかりませんが、11/10に発売している新商品エビスビールを、ツアー参加者の中でジャンケンに買った1名だけが飲めるイベントまで!

残念ながらジャンケンに負けてしまいましたが、エビスビールは泡が違うんだなと思いました。

飲んでも飲んでもきめ細やかな泡が作られていくんです。
グラスに注がれたエビスビールの泡と液体の間の霧状のモヤがとても大事なんだそうです。

これが出来るのが美味いビールの証なんだとか。

見学ツアーの後は併設レストランとショップへ

エビスビール記念館にはエビスビールグッズが売っているショップとエビスビールがもっと楽しめるテイスティングサロンが併設されています。

先程紹介した塩えんどう豆もここで購入可能!
お土産に丁度良いグッズや、記念に買いたい恵比寿ビールグラスなど、これまた楽しめます!

テイスティングサロンでは、ビールに良くあうおつまみと共に、エビスビールを楽しめます。

ちなみにエビスビール記念館は、恵比寿麦酒記念館とも表記されるそうな。

感想はエビスビール記念館行く価値あり!

評判通り、エビスビール記念館は行く価値ありです。

エビスビールが好きな人も、そうでない人もきっともっとエビスビールが好きになります。

エビスビールの瓶のレアデザイン

最後にプチ情報ですが、エビスビールの瓶には実は2種類があって、500本に1本のペースで恵比寿さんがタイを2匹持っているんです。

このラベルを待ち受けにすると金運が上がるらしいので、是非見つけてみてください。

以上、エビスビール記念館行ってみたからレビューしてみました。
面白かったという方はシェアお願い致します

「エビスビール記念館行ってきたのでレビューしてみた」記事が気に入った方はいいねしよう!!
ありがとう平成!ようこそ令和(れいわ)新元号に伴う変更作業は当社にお任せください!

新着記事と笑いは鮮度が命や!