爆速!Illustratorで様々な図形を簡単に作る方法まとめ

爆速!Illustratorで様々な図形を簡単に作る方法まとめ

Illustratorで様々な図形を作る方法

爆速!Illustratorで様々な図形を簡単に作る方法まとめ

どうも、ぺとらです。
今回はIllustratorで様々な図形を作る簡単な方法を紹介したいと思います。 よく私も素材を探したりするのですが、簡単な図形ならIllustratorで作るほうが早いって事もあります。

なので今回は、様々な図形をできるだけ早く爆速に作る方法を紹介したいと思います。

Illustratorでキラキラを作る方法

Illustratorでキラキラを作る方法

まず楕円ツールで丸を作ります。
大きさは思ってるより小さめの方がやりやすいです。

Illustratorでキラキラを作る方法2

続いて、「効果」→「パスの変形」→「パンク・膨張」を選択します。
「パンク・膨張」の場所は上図の通りです。

Illustratorでキラキラを作る方法3

「パンク・膨張」で「収縮」の値を大きくすればする程、とがりが大きくなります。
今回は収縮「-100%」で設定してみました。

Illustratorでキラキラを作る方法4

後は自由変形で好きな形に整えてあげるとキラキラの完成です。
こういう図形ってPhotoshopでなかなか作りにくくてどうしようって、なるんですがIllustratorで簡単に3ステップで再現出来ちゃうのでオススメです。

Illustratorでハートを作る方法

Illustratorでハートを作る方法

まずペンツールで、90度のL字を作成します。

Illustratorでハートを作る方法2

続いて「線幅」をハートの形になるまで太くします。
「線端」を丸型線幅に変更すれば、ハートの形になります。

Illustratorでハートを作る方法3

あとは角度を調整すれば、ハートの出来上がりです。
丸からパスを弄って作るよりも、アピアランスの線で作成する方が圧倒的に早いですね。

Illustratorで花を作る方法

Illustratorで花を作る方法

多角形ツールで多角形を作成します。
角数はダブルクリックでオプションが出ますので、お好みの角数を設定して下さい。

Illustratorで花を作る方法2

続いて、「効果」→「パスの変形」→「パンク・膨張」を選択します。
「パンク・膨張」の場所は上図の通りです。

Illustratorで花を作る方法3

「パンク・膨張」で「膨張」の値を大きくすればする程、角が膨張して花の様な形を再現できます。 今回は膨張「50%」で設定してみました。

Illustratorで花を作る方法4

多角形の角数を増やしたり、「パンク・膨張」で「膨張」の値を調整するだけで、簡単に様々な花の形を作る事ができます。

Illustratorで花(桜)を作る方法

Illustratorで花(桜)を作る方法

花でも特殊な花びらの形の桜を作る方法です。
桜の花びらといえば、花びらの先が割れているイメージがありますよね。
一見難しそうな桜の花びらも、まずは「パスツール」で、桜の花びらの片面を作成しましょう。基本的には、この4点をおさえておけばOKです。

Illustratorで花(桜)を作る方法2

片面の花びらが完成したら「リフレクトツール」を選択した状態で、ダブルクリック。オプションが表示されるので「垂直」→「コピー」を選択し、もう片面の花びらを作成します。

Illustratorで花(桜)を作る方法3

「ウィンドウ」→「パスファインダー」を表示し、2枚の花びらを選択した状態で「合体」を選択すると、2枚の花びらを1枚の花びらに合体する事が出来ます。

Illustratorで花(桜)を作る方法4

あとは「回転ツール」で「-72°」を花びら枚数分繰り返せば、桜の完成です。

いかがでしたでしょうか?

最初はIllustratorは難しいと思いがちですが、工夫次第でどんな形でも再現出来ると思います。今回紹介した図形は、Illustratorで簡単に、しかも手早く図形を作りたい時にでも活用して頂けると幸いです。
それではまた、次回お会いしましょう! アデュー!!

「爆速!Illustratorで様々な図形を簡単に作る方法まとめ」記事が気に入った方はいいねしよう!!
ありがとう平成!ようこそ令和(れいわ)新元号に伴う変更作業は当社にお任せください!

新着記事と笑いは鮮度が命や!