株式会社リースエンタープライズ 大阪南森町発、最強のホームページ制作集団

銀牙伝説を読もう!奥羽軍、霊魔軍、遂に帝国へ!門番、千年竜登場【八犬士編part15】

銀牙伝説を読もう!奥羽軍、霊魔軍、遂に帝国へ!門番、千年竜登場【八犬士編part15】

“犬”と書いて”漢”と読める個性溢れる銀牙シリーズの読み方をご紹介!

こんにちは、Webメディア事業部のShinnojiです。

さてさてやって参りました、銀牙連載SeasonⅡ「八犬士編」前回の続きです! 銀牙 THE LAST WARS!

今これを執筆している現在、銀牙 THE LAST WARS、若武者たちの熱き魂に胸が熱くなる今日この頃です。

武痕牙の全身を簡単に朱に染めます。

さてさて前回は遂に霊魔率いる狼族と奥羽軍が呼応。そこまでを意地で守り抜いたのは鉄人・武痕牙。天狼星八犬士が勢ぞろいとなり、奥羽軍の仲間を殺した帝国のボス、ガイアの部下、夢幻率いる魔界十人衆を見事葬った連合軍。

魔界十人衆は下級戦士に過ぎない

しかし、見事魔界十人衆を撃破するものの、何とこの魔界十人衆、帝国では下級戦士に過ぎないと言われ、驚きを隠せない奥羽軍。

今日は遂にそんな奥羽軍、狼族の新生八犬士率いる連合軍が、自国の奪還と仲間への弔いの為、帝国に乗り込んでいくところをご説明します!

聖犬・リキへ

スミスかわいそうやw

魔界十人衆を討ち果たし、帝国へ向かう為、北海道へ足を向ける連合軍。ここで狼族に仰天するのが奥羽の楽園の留守番という貧乏くじを引いていたスミスです。

銀の良き戦友であり「銀牙伝説WEED」では涙で明日が見えないレベルで大活躍してくれるスミスですが、八犬士編ではキャラが多すぎて出番はあまりありませんw

そしてここで霊魔をはじめ、風牙らが邂逅するのが、初代奥羽の総大将であり、今や「聖犬」と呼ばれる銀の父、リキです
リキ最高やでぇ

銀に後を託し、争いの絶えない犬社会をまとめ上げ、巨熊赤カブトを倒し、犬社会に平和をもたらした、その偉業とその穏やかな表情に、狼族のリーダー、霊魔も「帝国を取り戻したら二度と争いのない国を作り上げる」と敬意を表します。

ここで奥羽軍から生え抜きの精鋭二百騎が、赤カブト編以来となる、新たなる戦地に赴く事になります。

鉄人から闘将へ、奥羽の不動明王復活

一番心配するのはやっぱり赤目!

ここで銀たちが遠く北の果てを目指し、今回は北海道へ向けて海を渡る事に。

夜は満月、ここでいきなり泳いでる途中に、声を張り上げるのが何とベンです。銀はもちろんテンパり、赤目も「どうしたベン!?」と泳ぎならかけよります。

するとどうでしょう、ベンが「美しい……今日は何て美しい満月なんだ」と盲目であるはずが、視力を取り戻すのです
この引継ぎは泣ける

なぜいきなり盲目のベンに視力が戻ったのか……一行が不思議がる中、ベン本人が「まさか武痕牙……お主の技が……!?」と気づきます。そう、ここで烈牙が「もしやベン、お主、武痕牙の撃・閃通臂抜刀牙をくらったのか!? ならばあり得る」と補足説明をしてくれるのですが、以前も説明したとおりですが、武痕牙の撃・閃通臂抜刀牙は外面ではなく内部組織を破壊する抜刀牙です。

なんと武痕牙の撃・閃通臂抜刀牙をくらって失明した者も多くいるらしく、それがベンにとっては逆作用効果、つまり喪ったはずの視力を取り戻すことに繋がったのではないか……と言うのです。

ベン好きにはたまらないシーン

「感謝するぞ武痕牙、お主の分まで戦って見せる」と心に誓うベン。そして満月には武痕牙、一行も「奥羽の不動明王が完全復活だ!」とさらに士気が高まり、帝国を目指します。闘将ベン、ここにきてまさかの完全復活です。

八犬士編トップクラスのトンデモ展開、帝国の門番

北海道の果て

さてようやく北海道の果てにある、霊魔の祖先が築き上げた帝国の地に足を踏み入れる一行。「10年前と何も変わっていない」と感慨深げな霊魔。

この火山の裏側から、帝国に通じる地下への入り口があると語り、一行を案内するのですが、ここで銀牙伝説、八犬士編随一レベルではないかと思われるトンデモ展開のお時間です。

トンデモ展開
何だこりゃ

僕も初見ではそう思いました。「私がこの帝国を逃れる時にはあのような岩はなかった……」と霊魔も謎の表情。そりゃそうですよね、霊魔ならちゃんと、あったんなら事前に言ってくれるはずです。

ここで「岩を怖がってても仕方ない」と銀たち奥羽の戦士たちが先陣を切ろうとしますが、

これをトンデモと言わずして何という
何と岩の方から銀たち喋りかけてきます

ここで登場する岩、名称を千年竜(サウザンドドラゴン)と言う帝国の門番だそうです。まさに岩の形が狼の口な所から、地獄への入り口に見えなくもありません。

千年竜(サウザンドドラゴン)に飛び込む呪

物凄い数の殺気を感じるわけですが、千年竜のカラクリは謎のまま……このままでは埒が明かない、と、突撃しようとする銀。飛び込もうとするのをベンもジョンも「待て!」とけん制しますが……、

哀しき裏切り者の末路

裏切り者の呪

「絶対に罠だ」「待て!」という制止を振り切って、岩の口に飛び込もうとする銀を足蹴にして何者かが代わりに岩の口へ飛び込みます。

そしてやはり岩の中は罠。一瞬で口が閉じたと思いきや、そこから壮絶な叫び声が聞こえ、血とともに岩から一匹の狼を吐き出します。

呪は強いんだけど意思が弱かったんだ、最期が切ないw
それが何と、富士の樹海に帝国への刺客を招き入れ、風牙を追放し、烈牙の母を殺した、八犬士師範、裏切り者の呪なのです
帝国の門番が作り出した戦闘形態

「あの身体でついてきていたとは……」と霊魔も驚き。ここで呪は銀に「あれは岩ではない、千年竜という帝国の門番が作り出した戦闘形態だ」と説明します。

「なぜそこまで知っているのだ」と静かに問う霊魔に、ようやく呪も折れ「いずれ来る帝国との闘いには勝てないと思った……」と自ら保身に走るため、裏切りがあった事実を暴露します。

ワシは生きたかった……
「ワシは生きたかった……」と言う呪に対し、怒る訳でもなく霊魔は今一度「この私と帝国をはかりにかけたのか? なら呪よ、今一度聞く、はかりにかければ、今でも帝国の方が重いと思うか?」と問います

ここで呪「腐っても八犬士師範、伝説の八犬士がそろった今やそんなことはない、しかし、帝国と戦うにはまだ地獄を知らなすぎ……」と言いながら、大きく吐血し「銀よ……なぜもっと早くワシの前に現れてくれなかった……」と悔いを残しながら、八犬士師範、呪、ここで絶命。

呪は決して褒められた死に方をするキャラではありませんが、霊魔は「呪のような裏切り者でも最後は我らの元に帰ってきたのだ」と士気を上げようとします。

が、しかし呪の死さえ嘲笑う千年竜。確かに銀の代わりに呪が犠牲になったものの、帝国の入り口は千年竜が固く守っている事が証明され、戦線はこう着状態に

しかし銀は瀬戸際で自分に訴えてきた呪の「あれは岩ではない、千年竜という帝国の門番が作り出した戦闘形態だ」という言葉を思い出します。

圧倒的統率力も自然の猛威の前には無力!

あれは岩ではない

「そういう事か! 呪の言う意味が分かった!」と何かを閃いた様子で再度、岩に向かって突撃する銀。しかし呪のように口に飛び込むわけではなく、岩っぺりに食いつきます。

「そんな事してどうする!?」と氷魔らが今一つ状況を呑み込めていない中「岩の正体はこれだー!」と言いながら一匹の黒狼をたたきつけます。

それと同時に黒虎が「うお! 岩が崩れる!!」と叫びます。

岩の正体は大量の黒狼が合体した戦闘形態
そう、岩の正体は大量の黒狼が合体した戦闘形態だったのです、そしてそれを指揮するのが本当の帝国の門番、千年竜なのです
千年竜

「駄犬が紛れたとはいえよくぞそれだけの兵を集めた、だが帝国の門は落ちぬ」と千年竜は言います。その見事な黒狼の統率力には長らくリキに仕えたベンも驚きを隠せないレベルです。

千年竜

このままでは……と、追い込まれかけた連合軍。ここで「どけ! 皆!」と物凄い竜巻が。竜巻と言えばそう、彼しかいません、天狼星八犬士の一人、風牙の息子、烈牙です!

八犬士の中でも一番初期に登場し、敵としてクロスを拉致にしにきた時も、銀の抜刀牙をさばき、竜巻に乗って去って行った烈牙、その大技を千年竜の黒狼軍団に向かって一気に発揮!

烈牙大活躍!自然の猛威を甘く見るな!
烈牙の大技に度肝を抜かれる千年竜。「戦闘形態を取って防げ!」ともう一度密集しますが「この技はオレだけの力で自在の起こせるモノではない! 自然の猛威を甘く見るな!」と帝国軍の戦闘形態に突撃!

銀たちもこの場は烈牙に任せ「いつ見ても凄い……」と感心している銀に、氷魔が説明をしてくれます。(トンデモ理論なのは八犬士編のご愛敬)

プライドの高い氷魔が潔く認める

氷魔自身の霧の技もそうですが、自分たちはいついかなる時も戦いにおいて自然の力を無視しておらず、幼少のころからの鍛錬の成果によって、どんな気象の変化も見逃さず操ることができるのだそう。

そして、烈牙のすごい所は、どんな小さな風ですら見逃さず竜巻に変えてしまうところだ。と、プライドの高い氷魔が潔く認めるレベルです。

帝国の門、崩壊!

一匹一匹黒狼がはがれ

慌てて戦闘形態をとる千年竜に「浅はかな男よ!」と烈牙の竜巻がさく裂していきます。最初は何とか耐えているものの、一匹一匹黒狼がはがれ、吹き飛ばされていきます。

ぽかーん

烈牙の大技の前に千年竜の戦闘形態は完全に崩壊。何とか千年竜本人だけが踏みとどまって残りますが部下の黒狼は一匹残らず、たつ巻の餌食に。千年竜の「ぽかーん」という背景描写がシュールですw

何度も容易く繰り出されるはずもないこんな大技にもちろんリスクはつきもの、烈牙はどうした!? となる一行。大丈夫、烈牙は大木にしがみつき無事です。一匹残る千年竜。ここは木の上から烈牙が一気に千年竜に飛びかかっていきますが、千年竜に先手を取られます。

千年竜と夢幻ほど実力が謎なキャラはいないw

腐っても帝国の門番、魔界十人衆とは比較にならない強さです。

たとえ兵は失ってもこの千年竜、皇帝ガイア様より受けた命は死んでも守り通さねばならん

「たとえ兵は失ってもこの千年竜、皇帝ガイア様より受けた命は死んでも守り通さねばならん」と凄みを利かるのを「無駄な抵抗はよせ」とベンが促し「言う事を聞け」と言う霊魔が続きます。しかし、

うぬを抹殺するのがオレの最終命令よ!
「雑魚などどうでも良い! 霊魔! うぬを抹殺するのがオレの最終命令よ!」と、単騎で連合軍を突き抜け、千年竜は霊魔に向かって一直線に食いついてきます。
帝国への入り口

ここでもはや道連れと言って良いでしょう、千年竜は霊魔に食らいつき、帝国への入り口である洞穴に落ちていきます。「何を狙っている!?」と後に続こうとする一行ですが、

これが何と、超深い崖になっており、八犬士と一部の強者たちが霊魔、千年竜もろとも一緒に落ちてしまうのです
来るなー!

銀は何とかウィルソン、白狼、中虎、如月、このあたりの歴戦の奥羽の戦士たちに「来るなー!」と言いながら、霊魔を追って落ちていきます。

次のカットでは何とか無事なものの、地底湖で意識を失っている一行が。落ちたのは銀を始めとする新生八犬士に風牙、そして奥羽軍を代表して確実に落ちたのはジョンと武蔵。霊魔も何とか無事で泳いできます「千年竜は?」と問うと「落ちる時に一太刀浴びせたが消えてしまった……」と言います。果たしてここは一体?

次回! 銀たち一行の運命は!?

というワケで、今日はここまでです。

そして、この解説を頼りに少しでも「銀牙伝説シリーズ」は元より現在の「銀牙 THE LAST WARS」を面白く読んでいただければ、銀牙ファンとしてこれほど嬉しいことはありません!

日本一危険な恋愛メディア運営の傍ら、Shinnojiという男自身が “日本一銀牙な男” を目指して、やらせていただきますので、よろしければ応援よろしくお願いいたします!

僕と銀牙トークがしたい方は「@shinnoji365」でフォローして「Shinnoji! 銀牙読んだよ!」と言ってくれれば、寝てなければ反応すると思います! 多分! Twitter上ではガンガン「銀牙 ~The Last Wars~」から話に入っていただいても構いませんw

次回も楽しみにしていただければ嬉しいです!

新着記事と笑いは鮮度が命や!

「銀牙伝説を読もう!奥羽軍、霊魔軍、遂に帝国へ!門番、千年竜登場【八犬士編part15】」記事が気に入った方はいいねしよう!!