話題のGoogleしごと検索を実装して求人強化を請け負います

話題のGoogleしごと検索を実装して求人強化を請け負います

Googleしごと検索とは?

「Googleしごと検索」では、Googleの検索エンジンで求人に関係するワードを入力すると、求人情報をまとめて閲覧することが可能です。

Googleの本場アメリカでは、既にリリースしていたこの機能がついに2019年1月23日より日本国内向けサービスとしてリリースされました。

求人の争奪戦と、各種求人媒体が乱立する今、一歩先に行くための先行戦略としてリースエンタープライズで導入とサポートを是非ご検討ください。

Googleしごと検索の導入は誰でもできます

Google仕事検索の導入をざっくり言いますと「①Googleさんの指示に従って、②Googleさんにこっちも見てね」とアピールするだけです。 現在初期費用や求人掲載の料金は「0円」です。

①Googleさんの指示に従う

これは簡単に言いますと、Googleさんに「ココに求人名が書いてありますよ」「この項目が給与の情報ですよ」「募集企業名はこの会社ですよ」という概要を伝えることが大切です。

ではどうやって、それを実現するのか?
Googleが指定している内容に自社のホームページに設置することです。
これ自体は、そんなに難しいことではありません。いつでもリースエンタープライズにご相談ください。

②Googleさんを呼ぶ

1の通りまずは、Googleさんがクロールしてきたときに「ココに情報がありますよ」と丁寧にアナウンスできる体制ができたなら後は呼びこむだけです。
もちろん、電話かけて来てもらう話ではありませんのでここにはコツがあるのです。 こういった管理については是非、私共にお任せください!

導入費用の相場っていくら?

リリースして間もないこともあり、各社大手広告代理店がこの実装のアドバイスや仕組みに関するセミナーを各地で開催しています。


相場観としてはまだそれぞれ色んな設定の仕方があると思いますが、上記に説明した通り無料であることや公式ホームページを保有していれば手軽に導入できるなど、一気に需要が高まっています。
当社でも、既にお問い合わせいただき実装を作業中です。

以下の、項目によって料金が変わりますので事前にご確認ください。

  • ・公式ホームページがある / ない
  • ・リクルートページがある / ない
  • ・募集職種が複数ある / ない

※現在、弊社も制作実績を募集中ですので、キャンペーン価格として上記の項目全て「ある」の方は最安値で5万円~で対応致します。

※金額の変動要素は、応募職種の種類によって変動します。開発環境や仕様によって変動します

→詳しくは、弊社担当よりヒアリングを行いますのでお気軽にお問い合わせください

「ない」の項目があっても大丈夫です

indeedなど特殊な求人が増える中、公式ホームページを持つ意味が非常に重要になってきています。 今回のGoogleしごと検索は、これを更に加速させる出来事です。

新しく作り直すことなく、リニューアルで既存のURLを維持して最新のWEBビジネス拠点を作りませんか?

是非、リースエンタープライズへお問い合わせください。

対応メニュー

プラン1:
  • プラン1: googleしごと検索に最適化されたページ作成+コンサルティング
  • プラン2: 既存の採用ページの最適化+コンサルティング

自分自身で実装するには?

googleしごと検索を自分自身で実装したいと考えていらっしゃる方も多いと思いますが、ではどうすればいいのか?

それは「構造化データ」を求人ページに実装する必要があります。

構造化データとは
構造化データとは、先述させていただいたように、googleさんに詳細な情報を送るために必須なものとなっており、情報をメタデータとして持たせることで、googleさんに、より詳細なデータを送ることが可能となっています。

では、どのように実装すればいいのか?例をひとつ上げてご説明いたします。


<div>私の名前はリースエンタープライズ太郎です。</div>

これを見たときに、「あ、この人はリースエンタープライズ太郎さんという名前なのね」と、ひと目で分かるのですが、googleさんはこれを推測できないわけではないですが、確実に情報として受け取ることができません。

そこで、構造化データでマークアップをすることで意味をもたせることができます。


<div itemscope itemtype="http://schema.org/Person">私の名前は<span itemprop="name">リースエンタープライズ太郎</span>です。</div>

こんな風にマークアップすることで、送る情報に意味をもたせることができます。

また、googleしごと検索では必須と言われているタグがあるので、そちらだけは必ず入れるようにしてください。
必須プロパティは以下のようになっております。

  • datePosted:雇用主が求人情報を投稿した最初の日付
  • description:HTML 形式での求人の詳細な説明
  • hiringOrganization:職位を提供している組織の情報
  • jobLocation:オフィスや作業現場など、従業員の職場となる特定の場所
  • title:職務の名称
  • validThrough:求人情報が期限切れになる日付(求人情報に有効期限がある場合に必須のプロパティ)

上記の必須項目をマークアップすることで、googleしごと検索がページにクロールしてきた際に、情報として渡すことができ、求人のほうに情報が掲載されることになります。

もし、自社の求人ページにgoogleしごと検索をマークアップしたくても、ソースを触るのが怖くて手を付けれないと感じてらっしゃれば、ご相談くださいませ。

「話題のGoogleしごと検索を実装して求人強化を請け負います」記事が気に入った方はいいねしよう!!
ありがとう平成!ようこそ令和(れいわ)新元号に伴う変更作業は当社にお任せください!

新着記事と笑いは鮮度が命や!