飲食店のホームページで絶対にやってはいけないこと

飲食店のホームページで絶対にやってはいけないこと

飲食店のホームページ制作にどういう意義があるか

消費税の値上げや軽減税率の導入など、飲食店を取り巻く環境は決して簡単なものではないのだと、クライアント様とお話しながら日々感じております。

我々リースエンタープライズは、業種に特化することなくどんな業種でもご用命頂く案件は、クライアントさんの意図を明確に共有し形にすることを大切にしているのですが、飲食店のクライアントの方とお話しすると各業種の少し先の未来があるように思えてなりません。

今日は、そんな激しい競争下にある飲食業とホームページや集客戦略について制作会社からの目線で解説していきます。


飲食業界を取り巻くインターネット検索の環境

ホームページを作られる理由の一つとして「新規客の獲得」つまり集客があります。 これは、飲食業に限らず、どの業種でも新規客の取り込みを自社ホームページに期待するところが大きいはずです。


■ 飲食業のポータルサイト発達しすぎてる説

代表的なポータルサイトとして「食べログ」があります。 言わずと知れた日本最強の飲食ポータルサイトで、検索結果も「店名検索」の決め打ち検索でも「地域 + グルメ」抽象的検索でもCVする確率がかなり高い検索でも、常に上位表示されます。
基本的な構成は、認証された口コミユーザーやお店側のメニュー表示や店舗情報が掲載されていることで、お店側の情報も、実際に行ったことのあるユーザーからのレビューも双方の情報を得ることができます。
噂の「食べログ3.5ハズレなし」という点も、ユーザーとして筆者である私も感じます。

    ●お店からの情報が見られる
  • 場所(住所)
  • メニュー(予算価格)
  • 予約情報
  • クレジットカード使用可否(電子マネーも)

更に信用度の高いユーザーからの口コミレビューも見られるとなると、現時点での飲食店の情報ソースとしては最高クラスの信用度がありますし、かなりの近似値で初めてのお店の状況が把握できます。


■ 食べログから情報を得たいユーザーの嗜好とは?

・旅先での地域グルメを知りたい
・普段行かないエリアで会食の予定がある
・キャッシュレス対応か確認して選びたい

基本的に、挑戦的な店選びではなく安定感や外したくない場合に食べログは有用だと考えます。

■ Googleの検索結果で出てくる地図表示(ローカルパック)

ここ1年でよく聞く、見るようになったMEO対策 検索結果に出てくる地図上に表示される結果です。

ここに表示されたいという対策を「MEO対策」と言います。 GPSの活用がここ数年で活況を迎え、自分の今いる場所から検索した結果が表示されます。

「今いるところ」基準で飲食店などを探したい場合、例えば「お蕎麦が食べたい」、「ラーメンが食べたい」、「風呂屋に行きたい」なんて時には「質よりも距離(場所)」を重視する際に大変便利な機能です。 このMEOに内容が表示されているかどうかはこの先にはますます重要度が高くなります。

この場合は、「店名検索」の決め打ち検索では「経路」を知るために大変便利です。従来は、わざわざ食べログなどのポータルサイトや自社ホームページを経由してからGooglemapに行き着くなんてこともありましたが、検索後の地図表示(ローカルパック)からの場合結果から経路という最短の接続が可能なことによりこのサービスがじわじわと人気になってくるのは想像につきます。

設定費用自体は無料ですので是非取り入れておきたいサービスです。 また、表示の最適化などは検索結果に影響しますので、弊社にご連絡頂ければ手間賃だけで対応可能です。


■ この段落のまとめ

このように飲食店が新規のお客さんを集客する方法は、ほぼ無料でインフラが整備されつつあるのです。この2種類のポータルサイトの情報をキレイに整えることで十分なWEB戦略は完了します。


制作会社がなぜこのテーマを取り扱うか

上の段落で説明した内容を飲食店のオーナーさんが導入する時に、我々制作会社がフォローできるところは、キレイに整えることしかありません。
(※MEO対策という手段は我々でもサポートできる内容です)

ホームページの作成には目的をもって考察することが大切であるという事です。
つまり、多数のユーザーが上記の検索結果を重視する中で、いかに自社のホームページが役割を担うか、ここが大切なんだと考えます。

・設備の情報や使い方をアピールする。 「接待に使える個室」「赤ちゃんもOK」「誕生日会や結婚式の二次会」など、多くはない利用ではあるが確実に店舗の設備を利用して訴求できるサービスがある場合にはこの情報を上記のポータルサイト内で訴求することは非常に難しいと言えます。 ポータルサイトの信用は「中立であること」です。 お店側が一方的に情報を出すことは難しく、あくまでも表示される情報に対しては受け身です。唯一店側から明確に訴求できる情報発信はホームページです。 「何をアピールしたいか」を明確に保有することで新たな新規客を取り込む戦略がここに成立します。

そして「SEO対策的な店舗検索」もホームページがあれば期待できます。 特におすすめなのが、ブログなどの下層コンテンツを定期的に更新することで検索結果に対して積極的に情報を発信し続ける。ことも有効です。

■参考
【Shinnoji集客論】飲食店やローカルビジネスを行う店舗様の公式メディア化をおすすめしますVol.4


【例えばこんな目的】
・外国人向けの外国語で制作する

・通販サイトを併用してお持ち帰りメニューや商圏を拡大する

などなど、ホームページと言えど様々な展開が予測できます。


初回の打ち合わせで必要な内容

  • ・食べログでの表示結果
  • ・Google検索での地図表示の状況
  • ・ホームページの役割
この3種の内容を軸に進めていくことが大切です。 制作費用も30万円~で最低限の対策は可能です。

これだけはお勧めできない

とりあえずホームページを作りたいとき、全然弊社は喜んでお受けするのですが1枚物のホームページ(ペラサイトと言います)を作る場合は、「インターネットに画像1枚サーバーに上げる」という風に考えてください。
これらのページは、ランディングページ(LP)などで、商品を販売する時などに多用される形式ですが上記のように飲食業の場合は、既にポータルサイトが重視される中、安く済ませたいとは言えこういう形式で作成することはあまりお勧めできません。

あと、飲食業専門業者のホームページは注意が必要です。 飲食業は私の叔母が飲食業を営んでいるのでよく知っていますが、皆さんとにかくお忙しい。そんな中、飲食業に特化した広告屋みたいなものが暗躍しているのもよく話を聞いてきました。

制作会社がなぜ特化するか?
お分かりですよね?ちょっと楽なんです。
我々のように特化しないというのはクライアントさんに1枚1枚オーダーメイドで服を作るようなものです。
特化するというのは、御幣はあるかもしれませんが、ワンピースの型紙は1つとしてデザインを変えるということもできます。

完全にアパレル業界では後者の効率化が皮肉にも進んでいるんですが(私も今なぜアパレルで例えたか謎・・・)
Googleさんは「手間暇」かけたものを見抜く術があります。是非、ご覧のWEBサイトで右クリックしてF12を押してみてください。



ご相談から賜ります

リースエンタープライズでは、様々な業種、規模のお客様から多数のご相談を伺っております。
機密保持契約書の締結後の打ち合わせなども可能です。
是非、ご利用ください。

「飲食店のホームページで絶対にやってはいけないこと」記事が気に入った方はいいねしよう!!
ありがとう平成!ようこそ令和(れいわ)新元号に伴う変更作業は当社にお任せください!

新着記事と笑いは鮮度が命や!