Blog

ブログ

Google発表のモバイルファーストインデックスはスマホ必須時代の期限か?!

公開日:

SEOについて考える

いまさら聞けないモバイルファーストインデックスとは?

最近Googleの公式メッセージでよく伝えられているモバイルファーストインデックス。今回のコラムは「2020年9月までにモバイルファーストインデクスへの完全移行」が宣言されている点です。

要するに何なの?スマホサイトがないサイトは検索結果にも表示されないの?

より身近なWEBサイトにとってどのような影響があるかを見ていきたいと思います。

今やSEO対策はウェブ環境の向上には欠かせない施策となっております。

その中で2020年中に大きな変化がありそうなのが、Googleが発表しているモバイルファーストインデックスです。

2020年9月までにすべてのサイトに対してモバイルファーストインデックスを適用するとの通達がなされました。

改めてすべてが対象と言う事は、すでにモバイルファーストインデックスになっているウェブサイトももちろんあると言うことです。

これを調べるにはGoogle search consoleより調べることが可能です。

モバイルファーストインデックスで検索結果がどう変わる?

検索エンジンでは、膨大な数のウェブサイトの検索結果を表示し、尚且つそのサイトがユーザにとって良いものであるように日々検索結果は変更されています。
Googleなど検索エンジンで、上位表示されるサイトがユーザーにとって最も有益で、最も実利性のある情報、であることを担保する為の判断は容易なことではありません。

長い歴史の中Googleは、その検索結果上位表示について様々な決まり事を駆使してアルゴリズムとして運用しています。

かつて、検索エンジンが出始めた時代は、PCサイトが中心でした。スマホはなくガラケーが中心の時代ですね。

それからWEB環境が大きく変わりスマホが登場してあっという間にモバイル端末のTOPに躍り出ます。

今や検索ユーザの約8割はスマホからの検索と言われていますね。

ただ、かつてはPCサイトしかなかったものですから急激なスマホ使用に対して検索アルゴリズムがついていけてなかった、そういう実情が背景にあったと思います。

この急激なスマホからの検索流入に対してGoogleは8割のアクセスを占めるスマホサイトとして優良か、有益か、を重視するという指針が必要になってきます。

これが、モバイルファーストインデックスです。今後は、ユーザーのページ内滞在時間やページの遷移数など、ユーザーのモバイル環境下でのユーザビリティーの良さを検索結果に反映すると言っているのです。

スマホサイトがあっても、ユーザビリティのスコアが悪ければ意味がありません。

 

やっぱりスマホサイトがないって致命的か?

最も心配なのはスマホサイトを持っていないサイトです。

これについては様々な意見はあると思いますが、私の友人の妻は約7年前からある業界の検索ワードのトップに君臨しています。モバイルファーストが提唱されて約3年そのサイトは掲載順位を落とすことなくPCサイトしかないのに上位に表示されています。

つまり、モバイルファーストインデックスになったからといってPCサイトしかないサイトが全く評価されないかと言うとこれは否定できないようです。

ただ、たまたまGoogleから順にモバイルファーストインデックスになっていってるのだから、彼のサイトはその対象になっていなかったことで奇跡的にPCサイトながら検索上位結果を得ていたと考えることもできます。つまり現時点ではPCしかないのに上位表示されているのは奇跡的にモバイルファーストインデックスの対象になっていなかっただけ。かもしれません

しかし、数あるウェブサイトの中であなたのサイトが本当にその対象であると言えますか?
このはっきりしない状況がこの2020年9月に全てが対象となって結果が出てくるのです。
(今までだと、モバイルファーストインデックスになっていないかったりなっていたりはあります)

しかし、スマホで検索して上位表示でPC版が出てくるなんてことは非常に稀ではないでしょうか?
更に、仮に検索結果の上位にPC版が出てきた場合に、「古いサイトやな」「セキュリティ大丈夫かな?」なんて思ってすぐに消してしまうなんてことも考えられます。

それでは、これからどうすればいいか。

やはりスマホサイトは持っておくべきでしょう。

スマホサイトがあるからといって評価される、上位表示されるのではありません。
しかし、少なくともGoogleが言う2020年9月以降についてスマホサイトとして見やすさなどを確保する必要は確実にあると言えます。
→スマホサイトが必要なんではなく、スマホで見えやすいサイトが必要。

結論:スマホサイトは必要(ただし、スマホでユーザーが見やすい仕様設計は必須)

ブログ編集部
担当者:ブログ編集部
リースエンタープライズのブログ編集部です。 お知らせから最新のWEB制作事情まで、あらゆるリース情報を発信します。