Blog

ブログ

通販や遠隔診療などホームページが今必要なワケ

公開日:

大阪でホームページのリニューアルはリースエンタープライズへ

激動の2020年も間もなく終わりを迎え、今年1年で正常に過ごした1月~3月、緊急事態宣言などの影響で弊社も在宅ワークなどを急遽行い、その反動でIT補助金をはじめとする一気にお問い合わせが増えるなど1年が3つのフェーズで別れた激動の1年間でした。

2021年新しい生活様式が定着し、既存ビジネスモデルのパラダイムシフトが実行される中、弊社でお仕事させて頂いておりますホームページの制作や通販サイトの制作、及びこれに付随するSEO対策などの保守請負は御社の基礎的な基盤を形成する最もベーシックで重要な業務になってくると考えております。

ホームページがあるから安心ではない

近年、成果を求められるホームページ制作が増えてきていました。
成果というとそれぞれの企業様で様々ですが、主に多いものは以下のモノ

  • ・検索結果上位を目指し来客や反響機会を増やしたい
  • ・インバウンド需要に備えて多言語化のホームページ
  • ・通販など実務的な売り上げ向上
  • ・業務システムの改善によるコストの合理化

などが上げられます。

かつての、名刺代わりのホームページという作り方はほとんどなく「クライアント様の目的」を達成するためにご一緒する機会が増えました。

外部サービスとの連携も重要な局面到来

SEO対策というのが当たり前にまかり通っていた時代。当時の私は「検索結果はGoogleが管理しているのに、その評価に成果をコミットメントをどうやって行うのか」という疑問があったのを覚えています。
しかし、近年Googleのアルゴリズムが格段に進化したことによる上位表示への誘導の難しさが顕在化しています。
Google曰く「本当に価値のある情報を上位に表示する」という真っ当な方針により、かつての被リンクを大量に作成するような仕組みは徐々に排除されつつあります。

そんな中、それでも短期的に過剰な広告コストをかけることなくなるべく効率よくビジネスを発展させたいというクライアント様のご要望も増えています。
そこで、浮上するのが既存のSNSなどを用いたマーケティング戦略と自社ホームページをセットに展開していくという形も定着しつつあります。
中でも、Googleマイビジネスは2020年で最も成果の上がったマーケティング請負でした。

注目度や認知度が事業者側ではまだまだ低く、参入して丁寧に運用することで上位表示が狙えます。
また、ホームページを下層ページなどを保有する構成とすることで各セクションに適切なページを設置することが出来、検索結果以上にアクセスを出すページもあります。

まさに今年はホームページに限らず無料で提供されるプラットフォームに自社のホームページを配置する複合的で複雑な展開が主流になってきました。

SSL化とスマホ版の無いサイトは2021年終わる

2020年9月にGoogleが発表していた「モバイルファーストイデックス」が延期され2021年となりました。
今まではスマホサイトが無くても検索結果を上位に出すことが出来ましたがこの方針がある以上、PC版のサイトしかない、スマホサイトがおまけみたいなものになっているサイトは非常に厳しい時代がやってきます。
※モバイルファーストインデックスは2020年の9月から2021年3月へ延期されました

また、同時にSSL化(httpとhttps)の対応を行っていない場合も同様に「安全ではないサイト」という認定を受けることになるでしょう。
これまでのあったらよかったホームページも手を加えなければ逆に顧客の心証を害するツールになりかねません。
※例えば検索結果に赤いマークで(このサイトは安全ではない)などと出る時代くる?

2021年はどんな1年になるか

IT化などが叫ばれる中、中小企業のIT化を促進するための様々な補助金や助成金があります。
もちろんIT導入補助金などのツール導入やホームページを作成する補助は様々ありますが、一方でオンライン会議の仕組みづくりや既存の企業の社内IT化へのコンサルティングにも補助金が付くようです。
こういった補助金を活用するのも一歩を踏み出すいい機会になると思います。

■(関連記事)非対面式導入のITツール『集客機能ツール付き通販サイト』のご紹介
■(関連記事)IT補助金2020で通販サイトやテレワーク体制を制作する

たかがホームページ、されどホームページと侮るなかれ、やはり御社のIT戦略のすべてを担うベースキャンプを最適にしておく必要は必ずあります。
是非、マルチクリエイター集団の弊社リースエンタープライズにご相談下さい。

2021年もよろしくお願いいたします。 小林照輝

kobayashi
担当者:kobayashi
株式会社リースエンタープライズの代表取締役。 1982年生まれで子育て奮闘中のパパ。自身の経験から仕事とWEBの関わりはタイミングが重要と考える。ビジネス情報を中心に、記事を配信しています。不定期更新中!!