Blog

ブログ

テレワークをほぼ一年やってみた感想や変化

公開日:

テレワークという働き方を一年通して

リースエンタープライズのぺとらです。
2020年は本当に変化の大きい年となりましたね。

私は2020年の3月から完全テレワークで勤務させていただいています。
家が遠方であった事から、ありがたいことに非常事態宣言解除後も継続してリモートワークという勤務体系を維持いただけている状況です。

冒頭でもあげさせていただいた通り、個人として一番の変化は「勤務体系が変わった事による変化」でした。
今回は私のリモートワークでの変化や向き合い方などをご紹介していきます。

リモートワークによる変化

業務の打ち合わせ

ここが一番慣れない部分だったかと思います。

特に打ち合わせ時から参加しないケースのお客様の声を、ディレクション越しに文章メインで受け取った時などは、生の声から伝わるクライアントの意図や要望が掴みにくいというのが難点でした。

もちろん、打ち合わせ時にテレビ電話形式で参加させていただくこともございましたが、打ち合わせ時から参加しない、制作時から参加というケースもあるため、文章や資料から全てを汲み取るのにはなかなか苦労しました。

そこで、制作内容については少しでも懸念点、不明点などあれば、細かに確認を行う癖をつけました。

正直、出社しているときよりも格段に食い気味で確認するようになりましたが、通話した方が早い時もすぐに本社とは連絡がとれる体制にありましたので、今現在は情報を汲み取りにくいといった問題は解決できているように思えます。

通話・コミュニケーション

業務で不明点などあった際にチャットだけでは伝わりづらいなと思うような事を、積極的に通話という手段をとるようにしました。

小説などではなく業務上の文面というのは感情全てを伝えるというのは難しいと思います。
時には勘違いされたり、私も受け取りできなかったりする事から、相手の考え気持ちというのはリモートワークにおいては普段よりも意識するようになりました。

とはいえ、お互いに伝わらない時には通話が一番早いです。

実際に声色を聞くと、文面だけで受け取った感情とは違い、声から受け取れるニュアンスだったりも全く違ったりしますので、基本チャットで長々と会話になりそうだなと察知したら、積極的に通話を提案するように心がけています。

現在私と同じく遠方でリモートワークをしているスタッフもおり、不明点などが出てきた際にも通話をさせていただいたりするのですが、良いコミュニケーションの機会にもなっているなと感じています。

時間の確保(家族との時間・プライベートの時間)

テレワークを開始してから、通勤時間が片道2時間ほどかかっていたのが単純になくなり、自身の時間の確保ができました。
平日は会社に行って帰る以外、何もできなかったのですが、定時後に夕食の買い物に行けたり、家族との時間、そして自分の時間を持て、精神的にもすごく余裕が生まれたように思えます。

特に高齢の家族がおり日中一人にさせてしまうことに日々不安を感じていたので、テレワークという形で自分も家にいることができるというのは安心でした。

また、以前は夜に友達と通話しようとなっても断る毎日で……、帰ってきてすぐに最低限のルーティンをして即寝ないと次の日に支障が!!というような毎日だったのですが、今では夜も友達と頻繁に通話で近状を話したりといったこともでき、プライベートに関してもテレワーク前よりも確実に充実していると感じています。

前々から帰って寝て出勤のサイクル化、特に通勤時間には苦しいと感じていただけあって、きっかけがコロナになってしまいましたが、テレワークをはじめて本当によかったと思える変化です。

体調の変化

時間ができたことに伴い、生活リズムも整ってきたのか、テレワーク後は体調もよくなった気がしています。
以前は朝起きて、頭痛や胃液がこみ上げてくるということも頻繁にあったのですが、朝夜のサイクルがいい方向に変わったからかなと思います。

睡眠時間も安定し、夕飯も余裕を持って買い物に行けることから食事も気をつかいやすかったです。

運動量は減ってしまうので朝散歩にでかけたり、去年の秋ぐらいからはYou Tubeの自宅でできる筋トレやストレッチなどの動画を見て、少し身体を動かす時間を作ってみることにもハマっていました。

テレワークとの向き合い方について

テレワーク自体個人によって不向きや、メリットもある反面、デメリットもあるものだとは思っています。

もちろん本社側との協力体制あってのテレワークだと思いますが、個人間であってもスケジュール・進捗管理をしっかりとした上で、自分の中でのルールを決めて取り組んでいくのがいいと思います。

周りに職場の人がいないという環境なので、緊張感が薄れたり、テンションがあがらなかったら疾走感ある音楽をイヤホンで大きめに流してポテンシャルを高めたり、うまくいかなくて考え込んでしまう時にはさっと洗面台に行って顔を洗ってみたりするとスッキリするなど、些細なことですがちょっと会社ではできないような切り替えができるのも魅力だと思います。

状況が収束後もテレワークは特にIT企業間などでは、継続していくところも多いかと思いますので、今後もテレワークとは良い付き合いができればいいなと思うばかりです。

テレワークが推奨されている今、求人採用に関しても大きく可能性が広がっています。
私と同じ様に遠方で通勤時間に悩まされている方や、遠く離れた地域に住んでいる方などは、テレワークという選択肢があるだけでもハードルが少し下がるのではないのかなと思います。

テレワークに関する私の記事を読んでいただいてありがとうございました!

逆にテレワークに対して少し身構えてしまう!! という方でも、是非一度興味がありましたら採用ページより募集要項をご確認の上、相談してみてくださいね。

最後に、もう一つ重要な変化を…………。

宅配の荷物をほぼ確実に受け取れるようになったことは最高です!!

ぺとら
担当者:ぺとら
トランシルバニア星雲・トランスセクシャル星出身。 Manson(マリリン・マンソン)に憧れ、地球に舞い降りた銀河系WEBデザイナーで、「vertical-align: middle;(バーティカルアラインミドル)」という響きが格好良すぎてマークアップエンジニアにもなった。好きな地球人のタイプは、Jeff Goldblum(ジェフ・ゴールドブラム)。