株式会社リースエンタープライズ 大阪南森町発、最強のホームページ制作集団

これが大阪ルール!?地方民が大阪に出てきておどろいたこと

これが大阪ルール!?地方民が大阪に出てきておどろいたこと

広大な田んぼと山に囲まれた地元から大阪に出てきてもうそろそろ5年。

すっかり慣れてしまったけれども会社が梅田の方に引っ越してから「そういえばこんな都会に来たんだなぁ」と改めて思ったので、初めて大阪に出てきた時は驚いてたことを思い出してまとめてみました。

エスカレーターが右ならびでも道は左側通行!?

大阪にきてはじめて驚いたことは、「エスカレーターは右側に並んで立って利用する」と言うことでした。

新大阪駅

関東は「左立ち」が主流なようですが、そもそも田舎ではエレベーターで歩いて昇る事がなかったので片側を空けるルールがあることに驚きました。

大阪ではエスカレータが「右立ち」なのは、

大阪万博で多くの外国人が大阪を訪れるのに備え「国際標準」の右立ちを徹底したところから、そのまま右立ちが定着したという説が有力なようです。※

新幹線がある新大阪駅では東京から人が多いのか、たまに左立ちになってる時があります。

しかし、エスカレーターは右立ちですが、歩く時の流れは左側です。

大阪にきたばかりの時はうまく進めずにイライラする事が多かったのですが、友達に「道の左側を歩けば流れに乗れる」と教えてもらってからスイスイ歩けるようになりました。

グリコの看板があることで有名な道頓堀橋の辺りは観光地だけあって土日は人の量がすさまじいですが、左側通行を意識して歩けば案外スムーズに目的地まで行けます!

道頓堀橋

目的の場所が右側にある場合はタイミングを見計らって人を縫って通るしかないですが…。

似てるけど全然違う『大阪駅』と『新大阪駅』

名前が似ている「大阪駅」と「新大阪駅」 。JR東海道本線(京都線)だと1駅違うだけなので似たようなものだと思っていたので、結構違うことに驚きました。

「大阪駅」には新幹線が停まらない

大阪駅

まず一つ目の違いは、「大阪駅」には新幹線が停まらない点。

京都は京都駅で停車するし、大阪駅の方が大きいのでなんとなく大阪駅でも新幹線に乗れると勘違いしていました。

新幹線で東京に行こうとした時、うっかり大阪駅で降りて、一瞬考えた後ダッシュで電車に乗り直すっという流れを3回ほどやっているのでそろそろ慣れたいです。(笑)

「新大阪駅」周辺には観光スポットがない

新大阪駅

2つ目の違いは、「新大阪駅」周辺には観光スポットがない点。

新大阪駅構内には、ご飯街がありますし、おみやげを買えるお店が充実していますが、駅を出てしまうと周辺には驚くほど何もないです。街巡りやショッピングなど観光したい場合は大阪駅へ行かないといけません。

個人的に新大阪駅は「新幹線に乗るための駅」といった印象が強いです。

まだ大阪に住む前に吹田で用事があった時、「新大阪の方が近いし、帰る前に駅の近くでご飯食べてショッピングしよう!」という話になったのですが、検索かけても特に何もです、駅の外に出てもバス乗り場とビル街しかなくて大阪駅との違いに驚きました。

結局その時は駅構内の串カツ屋さんでどぶづけを食べて、おみやげを買って帰るだけになってしまいました。観光するときはちゃんと下調べしないとダメですね!

おまけ「これをいっておけば会話が成り立つ大阪弁」

大阪弁というと「なんでやねん!」とか「せやかて」をよく使うイメージがあったのですが、

実際一番会話で使うなと思ったのが「ホンマそれ」「せやな」です。

どちらも相手の意見に賛同する言葉のようですが、「せやな」は「話を聞いていない時」や「自分はそう思わないけど話を合わせようとする時」に使うことが多いみたいです。

相手の話に賛同する時は「ホンマそれ!」。この2つを使って会話すると大阪弁マスターになれます!この話を大阪出身の友人にいってみたところ「ホンマそれな!!」と言われました(笑)

ただし大阪の人はイントネーションに関しては厳しいです。ドヤ顔で関西弁使ってると「イントネーションぜんぜんちゃうやんw」と結構ツッコまれるので気をつけたいです。

※参考:日本経済新聞

「これが大阪ルール!?地方民が大阪に出てきておどろいたこと」記事が気に入った方はいいねしよう!!

新着記事と笑いは鮮度が命や!