Profile

Teruaki Kobayashi

小林 照輝

株式会社リースエンタープライズ

代表取締役社長

SKILL

得意分野

ホームページリニューアル、補助金助成金関連、ビジネスマッチング


ホームページを持つこと、活用することがすべてのWEB戦略の城になると考えています。SNSや様々なWEBコンテンツが最終的に行きつく先にホームページがある。会社の個性や取り扱う商品やサービスをオフィシャルとしてどうやって紹介するか、ホームページやWEBページが担う役割が大きいと感じています。
これまでWEB戦略を全く取り入れていなかった会社が、これを取り入れ発展していく例を何度も見ました。
この瞬間が一番自分の中で楽しみです。

資格・スキル

  • ・Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)
  • ・ISO/IEC 27001情報セキュリティ管理責任者(2021年11月認証取得)
  • ・makeitkids株式会社代表取締役
  • ・株式会社silulu代表取締役社長(※2021年5月退任)

これまでの経歴

神戸に生まれる。学生時代はサッカーに打ち込み、真剣にプロを目指すも18歳の時点で挫折。大学では経営を学びたいという理由で経営学を専攻したものの学生起業に憧れ4年通学したのに大学中退し経営者の道へ。

ただただ経営者になりたいという一心で20代を駆け抜け、30歳でmakeitkids株式会社を設立。通販事業を軸とした会社運営を目指し代表取締役に就任。関連会社のリースエンタープライズの代表者も兼任し会社経営に必要な業務は一通りこなす。

近年は、大型プロジェクトの立ち上げ時の代表取締役就任や、制作後のマーケティングなどWEB関連事業を自社完結だけではなく、その後もトータルでサポートする。

MY WORK

現在の仕事内容

WEB制作のディレクションを中心に関与しております。日々変わりゆくWEB環境のSEO対策や適切なマーケティングをクライアントへご提案します。
一番大切にしていることは『まずは、クライアントの創りたいを形にすること』。意見を求められればしっかりと我々ができることを提示、助言するという順に進めています。
自社のあらゆる分野を兼任、決裁していることからこの経験を活かせるときには積極的に活用して会社経営そのものをコンサルティングすることもございます。

WreathEnterprice アピール

大阪一のWEB制作集団だと思っております。お客様のかゆいところに手が届き、必要とされた時には全力で取り組みます。保守関連の事業では自社の1つの事業だと思って意思をもって行動します。
リースエンタープライズはお客様に自信をもってお勧めできる会社です。現在もこれまでも優秀なスタッフがこれを形にしてくれます。当社の社員は、自発的に考え自ら進んで仕事を進めます。自由な中に責任感がある社風だと思っています。リースエンタープライズにご期待ください。

VISSION

将来のビジョン

『長く続く会社』であること。
そのために必要な変化への対応力と困難への柔軟性と解決力を身に着けたいと考えています。

Interview

01

リースエンタープライズが設立されたきっかけは?

01
元々makeitkids株式会社が母体の事業から始まりました。当時、ZOZOやAmazonが浸透し出したころでモバゲーなどの全盛期、この時期にコンテンツが生まれ巨大化していきました。当社も子ども服maykiesを中心に自社開発を進めていました。そんな頃に知り合いを中心にWEB制作を受けることになり、当時の社員が中心となり分社化したことが設立のきっかけです。そういうこともあって社内に『創る』『運用する』『成果を目指す』というインフラが根付いているように思います。
02

これからのWEBコンテンツの役割はどうなる?

02
大切なのは、ユーザーの関心を集めるサイトになることだと思います。かつて、名刺代わりのホームページと言われていたものが集客や情報発信など多様な用途に活用され、通信環境の向上などからあらゆる個性を発信できるコンテンツになってきています。そんな中で大切なのは短期的な人気を取りに行くのではなく、正しく誠実に情報を扱うことが重視、評価される時代になってきていると感じます。御社のドメインを50年活用した時、そのドメイン自体が高値で取引されるようなこともあるかもしれません。誠実の延長が評価される時代が来ると信じています。
03

リースエンタープライズのこれからについて教えてください。

03
まずは、お客様の大切な情報資産をお預かりするに足る企業であること。これに対して我々は客観的で反復性のある情報安全性を確保する必要があります。当社は、2021年にISMS認証(国際規格であるISO27001などの規格や要求事項に則ったマネジメントシステムを運用)などの客観的な情報安全性の確保に取り組みます。日常的に行ってきた情報管理を認証によって客観性化し、クライアントが安心して業務を委託できる事業者になります。また、成長する機会を自ら生み出すことを忘れず自社コンテンツの運営によってクライアントの気持ちに寄り添える環境を作り続けることが大切だと思っています。
Blog

ブログ

このメンバーのブログ
Contact
ご相談・お問い合わせはこちら

制作の内容が具体的に固まっていない方、まずは相談したい方も気軽にお問い合わせください

Estimate
ご依頼専用フォームはこちら

ご依頼いただく制作内容がほぼ決まっている方はこちらよりお問い合わせいただくとスムーズです