Blog

ブログ

IT導入補助金2021 集客機能ツール付き通販サイトの価格表

公開日:

IT導入補助金2021のITツールの価格について

新年度のIT導入補助金の対象ツールとして弊社が幹事を務めますコンソーシアム申請中にはなりますが、より一層のクライアント様の「やりたい通販」を実現すべく更新いたします。
※2021/4/1現在は申請中

集客機能ツール付き通販サイトとは?

単なる通販サイトだけではなくこれに必要なデザインで構成した際との趣旨や商品の趣旨をユーザーに訴求できるページや機能を保有し更新性を担保することで、自社発信の集客戦略をとることができる総合的なWEB戦略ポイントとなるツールです。

【大事なポイント】
・フルスペックECサイトを持つことができます。
・その後の改修や保守など、継続的に弊社がサポート可能です。
・セキュリティや決済モジュールのアップデートに対応します。
・集客機能は更新要素や内部対策によるオーガニック検索を重視します。

価格や料金の決定方法

弊社は、原則としてデザイン面においてはクライアント様のご要望に沿って作成致します。
EC部分はECCUBE4系の最新版をベースCMSとして採用します。
価格については目安としてご確認下さい。
※成約には必ずお見積り書を提示し、ご確認頂いてから着手致します。
※ご注文には必ず、打合せとヒアリングの機会が必要です。

【価格表】
・100万円~
想定用途:販売企画コンテンツに特化した内容

[構成例]
※レスポンシブデザイン
・TOPページ 1枚
・軽微な会社紹介ページか事業紹介ページ
・投稿機能1種(不要可否お伺い)
・お問い合わせフォーム
・ECサイトが同一ドメイン配下に設置

などを基本構成としておりますが、弊社の見積には工数計算基準での考察もありますので詳しくはお見積りでご確認下さい。

【価格表】
・150万円~350万円
想定用途:企業ごと施設ごとEC機能を保有する

[構成例]
※レスポンシブデザイン
・TOPページ 1枚
・事業(商品)の紹介特設ページ
・会社紹介ページ
・その他固定ページ+2ページ想定
・投稿機能2種程度(商品コラム、新着情報など)
・お問い合わせフォーム
・ECサイトが同一ドメイン配下に設置

などを基本構成としておりますが、弊社の見積には工数計算基準での考察もありますので詳しくはお見積りでご確認下さい。

■価格の範囲における差分判断の基準
※150万円より高くなる場合の条件
・取り扱い商品のカテゴリが複数あって親、子、孫の設定が複雑であること
・管理画面から編集できる範囲が大きく管理画面を作成する必要箇所が多い場合
・画像の加工などを伴う場合
・複数の事業主が参加するポータル的な要素を作成することでアカウント管理などの権限振り分けが必要な時
・個別のページがLPのようにデザインを凝って作成したい場合

などのケースを想定しております。

弊社では、必ず担当者が窓口でヒアリングを行いますのでご不明な点は担当者へ適宜、ご質問頂きまして
過剰な想定見積もりになっていないか、または、ご要望が反映されているかをご確認よろしくお願いいたします。

詳しい情報は、お問合せフォームからご連絡ください

小林 照輝
担当者:小林 照輝
株式会社リースエンタープライズの代表取締役。 1982年生まれで子育て奮闘中のパパ。自身の経験から仕事とWEBの関わりはタイミングが重要と考える。ビジネス情報を中心に、記事を配信しています。不定期更新中!!
見積り 見積り